住江織(東1:3501)、テーマに乗り年末ラリーの候補になる可能性も

 日経平均株価が2万円を前に足踏み、MRJ関連や自動運転関連、新幹線関連の一角を物色する動きは見られています。住江織(東1:3501)は、テーマ性のある低位の割安銘柄として、年末ラリーの候補になる可能性はあります。

 同社は、鉄道車両内装材のトップメーカーで、シート表皮材からカーテン・壁装材・床材に至るまで内装材を手掛けています。新幹線、電車、バス、船舶、航空機等の公共交通機関に、シート表皮材やリサイクル性に優れたシートクッション材「スミキューブR」等を納入しています。中でも注目されるのが、新幹線N700系に内装材を納入していることです。東海旅客鉄道(JR東海)の最新仕様の「N700A」車両にも同社の内装材が採用される可能性は高いと言えます。

 また、国産初のジェット旅客機「MRJ」がANAや日本航空、米スカイウエストなどから400機強を受注と伝わっていますので、シート表皮材やカーテン、カーペット等の内装材をJAL、ANA等に納入していますから、ここでも内装材が採用との期待は膨らみます。

 加えて、訪日観光客の増加で観光バスの需要が高まり、新車発注の増加に伴い内装材の納入が増えるなど、インバウンドの恩恵も享受しています。

 足元の業績ですが、今5月期第1四半期営業利益は前年同期比72.9%増の4億3800万円と好調。通期営業利益は38億円(前期比19.2%増)で2期ぶりに最高益更新を見込んでいます。今期予想PER10倍台・PBR0.76倍と割安感があります。

 チャート的には、昨年8月高値380円を起点として高値保ち合いを形成しています。月足では24か月移動平均線がサポートラインとして意識されています。外国人持株比率は6.9%と低いため外部環境の影響を受けにくいと言えます。26日以降は中間配当権利落ちに伴い多少売りに押される可能性はありますが、25日移動平均線まで下げた場合、好押し目となるか注目されそうです。

ji_151126_3501

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 住江織(東1:3501)、テーマに乗り年末ラリーの候補になる可能性も