今週は2万円台回復を試す展開へ

<パリ同時多発テロの影響は1日だけでFOMC議事録公開を受けて2万円に接近>
 先週の予測では、前週末のアメリカ株式の下落や13日のパリ同時多発テロを受けて週前半は一服とし、それが落ち着けば反発に転じるが戻りの程度はアメリカ株式の動き次第としました。 結果的には、パリ同時多発テロの影響は日本市場での16日(月)の下落のみで欧州株式は落ち着いていたことから、アメリカ株式は反発に転じ、さらに18日(水)のFOMC議事録公開で、その内容はメンバーの大半が12月利上げを支持するものであったことで利上げ時期の不透明さがなくなったとしてアメリカ株式は大幅高となりました。 これらを背景に日経平均も戻りを試す動きとなり、19日(木)は19959円まで上昇し、終値は△210円の19859円となりました。週末の20日(金)は前場は利益確定売りで下落するものの大引けにかけては先物が買われ△20円の19879円で引けました。

 週明けの16日(月)は前週末のアメリカ株式やパリ同時多発テロを受け、一時19252円まで売られ、後場は政策期待で下げ渋り▼203円の19393円でした。翌日の17日(火)は欧米株式がパリ同時多発テロの影響を受けず反発となったことで、日経平均も△236円の19630円と大幅反発となりました。 そこでこの日のメッセージで上にいく場合は19800円を終値で突破できれば柴田罫線でろく買が出て2万円が視野にはいるとしました。18日(水)のアメリカでの注目のFOMC議事録公開では、ほとんどの役員が12月利上げを支持する内容だったことで、利上げがほぼ確実視され、そのことがこれまでの利上げ時期をめぐる不透明感がなくなったという見方から、アメリカ株式は大幅反発となりました。これを受けて19日(木)の日経平均は19959円まで上昇(先物は19970円)し2万円まであと少しとなりましたが終値では△210円の19859円でした。柴田罫線でろく買出現となりました。
 20日(金)のアメリカ市場ではナイキとコナイテッドヘルスの大幅高が指数をけん引し、又、ドラギ総裁が追加緩和に前向きな姿勢を示したことでNYダウは一時17914ドルまで上昇しましたが、終値では△91ドルの17823ドルでした。シカゴの日経先物は△40円の19930円となっていました。

<当面の株式市場の動きのシナリオ>
①以前述べたように11月末から12月のFOMC(16~17日)までの間にいったんピークを打つ
②年末高(もしくは年始)に向かって上昇しその後いったんピークとなる

①の場合は、利上げが完全に織り込まれておらず、織り込む動きとなるシナリオ。
②の場合は、利上げが織り込まれて上昇後、反落となるシナリオです。
18日(水)のFOMC議事録公開を受けて12月利上げが確定的になったことで、NYダウは上昇しましたが、この理由については利上げ時期の不透明さがなくなったということと、穏やかな利上げになるということのようです。もし、12月の利上げが市場が思っているような穏やかな上昇でなかったら急落する可能性はあります。過去の利上げの場合は1度目は調整しても一時的なもので終わっていますので、今回もその調整をすでに織り込んでいるかどうかになります。現状のアメリカの金融緩和はリーマンショックなどの時よりはるかに巨額の金融緩和であり、その資金が新興国に流れていますので、いずれは大きな問題となってきます。現時点で、それが無視できるものであれば表面上は12月利上げを織り込んだとなるのかもしれません。

当面(1~2ヶ月)の戻りを柴田罫線でみると(柴田罫線をご参照ください)、NYダウ、日経平均ともに上値が重くなるところへ突入しかかっています。NYダウで上値抵抗ゾーンは、18150~18350ドル、日経平均で20100~20350円というところです。このゾーンの水準でもみあって売りの型をつくることになる可能性があります。この水準の動きに影響を与えるのは12月16日のFOMCでの12月の利上げの幅とその後の政策の内容によります。

<今週は、戻りを試す展開で2万円回復となるかどうか?>
 目先は、アメリカの12月利上げを織り込んだとの見方や欧州中央銀行の追加緩和期待、中国株式の堅調な動き、11月第2週(9~13日)時点で4週連続の外国人の買い越しなど、下値サポート要因に支えられ、アメリカ株式の動きをみながら2万円台回復を試す展開となりそうです。ただし、騰落レシオなどは120%をこえて短期の過熱感を示すテクニカル指標も出始めており、一方的な上昇は難しく、もみあって少しつ戻りを試す展開となるかもしれません。

 本日は、前場は手掛かり材料のない中、為替が円高にややふれていることで利益確定売りで小幅なナイマスの動きとなるものの、後場になると押し目買い優勢となって切り返し△45円の19924円で引けました。

<当面の投資スタンス>
 ここからの投資戦術は、日経平均の指数自体は大きく上に伸びなくても高値圏でのもみあいが続けば水準訂正が行われ、出遅れ銘柄が買われてきますので、これまで買って保有している株は上昇を待って利益確定することになります。あえて新規に買う場合は損切りポイントを明確に決めての出動となります。

出島式ズバ株投資情報ブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は2万円台回復を試す展開へ