相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6767)ミツミ電機

 四季報2015年秋号によると、ゲーム機関連低迷。ただスマホ用フォーカス部品は米国大口向け高水準。中国スマホメーカー向けも伸びる。高周波部品は車載アンテナ膨らむ。リチウム電池用半導体も堅調。営業益回復。営業外の為替差益減る。固定資産売却特益見込まず。
8月転換社債発行で約200億円調達。うち約100億円をスマホ用フォーカス部品、50億円を車載用増強等に充当。
2014年5月21日595円の安値から9月3日の935円まで上昇し、再下落となって10月17日の632円まで下落し、ここから急騰となって12月8日に1117円の高値をつけました。ここをピークに円安一服から調整入りとなり、今年の2月6日に822円まで下げたあと4月14日の993円まで反発するものの、ここが戻り天井となって下降トレンド(A)へ移行しました。中国ショックによる日本株の急落もあり、売られすぎからの水準まで下落して、安値圏(B)のもみあいとなり、9月7日の621円、9月29日の637円、10月15日の638円と順上げの3点底をつくり10月21日に701円で買転換となっています。

(6767)ミツミ電機

(4519)中外製薬

 四季報2015年秋号によると、好採算のリウマチ抗体薬がロシュ向け輸出中心に急伸。国内抗がん剤、骨粗鬆症薬も勢い増す。円安による原価高を吸収し、営業益反発。増配上乗せも。16年12月期は抗がん剤など主力品が好調持続。
欧州、中国、台湾で分社化していた子会社を地域ごとに統合。開発から販売まで一貫させ、市場ニーズを初期臨床開発に活用。自社品血友病薬を17年度申請へ。
チャートは、2011年11月25日の1129円の底値からの上昇トレンドの中にあります。その中で2014年8月18日の4015円の高値をつけて今年の1月7日の2862円まで調整し、ここを安値に短期の上昇トレンド(A)を形成し、8月18日の5090円の高値をつけました。ここをピークにもみあっているところで中国ショックからの日経平均の急落につれ安し、短期の下降トレンド(B)となって10月8日の3525円まで下落しました。ここを安値に反発となって10月13日に3755円で買転換となって下降トレンド(B)をぬけだし10月30日には3910円でろく買という追加の買法則が出ています。押し目買い有利な形といえます。

(4519)中外製薬

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!