相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6632)JVCケンウッド

 四季報2015年秋号によると、買収で約150億円上乗せ。ビデオカメラ、オーディオ低調。柱のカーエレがアジア、欧州向け軟調で出足赤字。ただ国内向け需要増で通期挽回。業務用無線は買収先の米国子会社改善。海外拠点再編寄与し連続増益。固定資産売却特益は剥落。
既存の事業セグメント制から顧客別組織へ移行し新需要発掘狙う。民生用ビデオカメラ等のマレーシア生産撤退。
2011年3月10日の500円からの中長期下降トレンドの中で2013年11月11日の159円で底打ちとなり、日本ビクターとケンウッドの経営統合によってJVCケンウッドとなり、業績は着実に改善し上昇トレンド(A)を形成しています。この中で昨年の10月31日の202円を安値に大幅上昇となって今年の3月12日に419円の高値をつけ、ここをピークに調整入りとなって下降トレンド(B)となりました。この調整中に日経平均の急落が起こり8月25日の240円まで急落し、もみあっているところで3月12日の419円の信用期日の投げが出て9月4に240円とダブル底の形をつくり9月9日に266円で買転換となりました。
 しかし9月17日の295円で下降トレンド(B)にアタマを押さえられ9月29日に261円まで押し目を入れ、再上昇となって10月7日に304円で再度の買転換となっています。

(6632)JVCケンウッド

(4536)参天製薬

 四季報2015年秋号によると、8月抗リウマチ薬事業譲渡で60億円減収。医療用眼科薬は米メルク譲受品通期化、加齢黄斑変性薬が効能追加追い風に想定超。一般用も訪日外国人需要旺盛。上期に事業譲渡益450億円計上、研究開発費も一部未消化に。前号比で営業益増額。
医療用ドライアイ薬をドイツ、英国、フランスで発売。医師からの高い関心に手応え。アジアでぶどう膜炎薬を申請。
昨年の10月17日の1144円からの上昇トレンドの中で今年の8月17日の2163円の高値をつけたところで、中国ショックからの同時世界株安で日経平均も急落し、この株も8月21日に1951円で売転換となって8月25日の1714円まで下落しました。ここで上昇トレンド(A)に下値をサポートされて、いったん8月31日の1929円まで反発するものの日経平均が下げ止まらず再下落となって上昇トレンド(A)を下に切り10月9日の1542円まで下落しました。ここでは5月7日の1546円に対するダブル底に近い形となって反発し10月19日に1649円で買転換となっています。

(4536)参天製薬

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!