2015年10月1日時点での主要市場見通し

花の一里塚~市場見通しサマリー

2015年10月1日時点での主要市場見通し

hyo1

基本シナリオと見通し数値について

前月号(9/1付9月号)で、見込んでいた短期悲観シナリオが実現したので、これからやはり見込んでいた長期楽観シナリオに入る、と述べた。市場心理は、降ってわいたVW(フォルクスワーゲン)社のスキャンダルや、引き続きの中国経済の悪化などから、脆弱で、たびたび内外株価等の下振れが生じている。しかし米国をはじめとする世界経済(中国を除く)の緩やかな回復基調などを背景に、内外主要国の株価は底値圏形成から、持ち直し傾向を強めていくと考える。外貨の対円相場も落ち着きを増そう。
しかし、何か一つの出来事(政策対応等)で、一気に明るさが増すという展開は見込みにくく、企業ごと、産業ごと、国ごとの格差も明確化しよう。緩やかな実態の改善に沿って、二進一退的な明るい相場を予想する。投資家に必要なのは、「明るく前向きな忍耐」だ。地道な長期投資は報われよう。

具体的な予想レンジの修正については、今年内の予想値について、国内長期金利、ユーロおよび豪ドル相場を、下方修正した。国内長期金利については、依然として日銀による抑え込みが強く働いており、一方で国内景気の回復基調にもたつきがみられ、上昇余地がかなり限られてきたと考える。ユーロはVW問題を、豪ドルは中国経済の悪化を、かなり織り込んでしまったため、現水準からの下値余地はかなり限られていると考えるが、それでも心理的な不安が重石として働きそうだ。

具体的に、2015年12月までの予想レンジについては、下記の修正を行なった(下線太字部は変更箇所)。

日経平均株価(円) 17500~21500 ⇒ 変更なし
10年国債利回り(%) 0.3~1.4 ⇒ 0.3~1.0
米ドル(対円) 115~127 ⇒ 変更なし
ユーロ(対円) 130~155 ⇒ 130~150
豪ドル(対円) 85~110 ⇒ 83100

2016年6月までの予想レンジについては、全く修正はない。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 2015年10月1日時点での主要市場見通し