今週は下値確認のあと自律反発へ

今週は下値確認のあと自律反発へ
― 但し、週末にメジャーSQを控えあらい動きも ―

<中国株安、米利上げ観測から乱高下のあと7ヶ月ぶりの安値水準へ>
 先週の予測では、週末に米雇用統計を控え様子見の中で中国景気への懸念と米利上げ時期の不透明さを受け戻りは弱いとし、これらの要因への思惑が相場の変動要因になるとしました。又、9月の第2週の11日(金)はメジャーSQですので思惑から先物がらみの不安定な相場が続く可能性があるともしました。 目先は戻りへの期待と短期の利益確定売りの綱引きで、もみあいとなる可能性が高いと考えていましたが、再び中国株式の下落が始まり先物主導での大幅下落となりました。

 週明けの31日(月)の日経平均は19000円台のせでスタートするものの中国株安への懸念とグローベックスで米株価が安くなっていたことで、先物主導で下げ幅を拡大し▼245円の18890円となりました。 さらに9月1日(火)は中国株式の大幅下落をきっかけに円高が進行し全面安となって▼724円の18165円の大幅続落となりました。 その後も中国景気に対する懸念や米の早期利上げの思惑など、先行き不透明さが強いことから乱高下を繰り返す動きとなり、2日(水)は1日の値幅は610円の乱高下のあと▼70円の18095円、3日(木)は寄り付きすぐに18481円まで上昇するものの終値では△86円の18162円となりました。 さらに週末の4日(金)は△129円の18312円で寄り付くものの、すぐにナイマス圏に沈み先物主導で下げ幅を拡大し、一時17608円をつけ8月の安値17714円を下に切る場面があり、終値は▼390円の17792円でした。

 4日(金)の日本市場の引け後のアメリカ市場では、注目の8月雇用統計は非農業部門雇用者数は17.3万人と予想の21.7万人を大きく下回ったものの、7月の雇用者数は21.5万人から24.5万人へと上方修正され失業率は5.1%と予想の5.2%より改善され、強弱混在する結果となりました。市場の見方は9月のFOMC(16~17日)での利上げ開始は後退しているものの、リッチモンド連銀総裁は早期利上げ開始が必要とのコメントを出し、結果的にFOMCまでは不透明感が続くことになっています。そのためNYダウは海外の大幅株安の流れを受け▼275ドルの16102ドルで引けました。 シカゴ日経先物は大証比▼125円の17635円で引けています。

<今週は下値確認のあと自律反発へ>
 今週は先週末の9月4日(金)に安値更新し、17608円まで下げて▼390円の17792円となったことで目先は2番底確認の動きとなり、それを確認すると2点底からの自律反発という展開が考えられます。 まだ中国株式への懸念や米利上げの不透明さがあり目先の底値圏を確認しても全面高の展開とはなりくいと思われます。 特にアメリカでの9月利上げ開始の可能性が残っており、又、今週はメジャーSQを週末に控え大きな上下動も想定されるところです。

 日本市場は、結局は独自で上昇することはできませんのでNYダウの調整完了を待つことになります。柴田罫線でのNYダウの分析はすでにお伝えしていますように3尊天井を形成して6月29日に17596ドルで1回目の売転換となり、この時は約3年近い上昇トレンドの中にありましたので、大きな調整となりませんでした。その後、もう一山を形成して7月27日に17440ドルで2回目の売転換が出現し、上昇トレンドを切ったことで本格調整の可能性を述べました。少しもみあったあと急落となって8月24日には14370ドルのザラ場安値をつけました。
すでに15%を超える下げとなっており調整幅は十分といえる水準です。この下げは中国問題以外に、ある程度の早期利上げを織り込んでいる可能性があり、9月利上げが実施されれば悪材料出尽くしからの反発が期待されます。

 本日は、先週末の欧米株安を引き継いで▼117円の17674円で寄り付き、下げ幅を拡大して17478円まで下落しましたが、そこから先物主導で買い戻しが入り中国株式が上昇すると日経平均も一時200円をこえる18013円まで上昇する場面がありました。しかし中国株式が伸び悩むと再びマイナスに転じ前場は▼64円の17727円で引けました。 後場はプラス圏での推移が続きましたが上値を追う動きはなく△68円の17862円で引けました。

出島式ズバ株投資情報ブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は下値確認のあと自律反発へ