さくらインターネット(3778)

中国の株価下落と景気の減速感から、世界同時株安の様相を呈してきました。日本株もそれなりの調整は免れません。しかし、いつでも原点に返れば、株価は企業の業績によって決まってくるものです。もっとも、中国の景気に影響されて、世界的な不況になることは否定できませんから、業績が景気に影響される企業は、いくら今業績がいいからと言って、安心できるわけではありません。

そこで、世界的な景気減速の影響を受けにくく、もちろん国内の景気の影響もあまり受けず、業績がこれまでよりもいい状況が予想され、しかもバリュエーションの低い株であれば、今後相場が若干落ち着く局面では注目される可能性があるでしょう。

さて、そんな株の一つとして、さくらインターネット(3778)に注目しています。同社株に関しては当コラムで4月15日に推奨しています。ところが、原稿を出した時は1,000円ほどでしたが、何と掲載された翌日に急騰し、1,310円の最高値を付けてしまいました。
https://money.minkabu.jp/49831

当時としてはいくら何でもやりすぎだろうという感じでしたので、そこが天井になりその後800円台まで下落しています。しかし、売り一巡後に第1四半期の決算発表前までには1,000円どころに戻し、決算発表で何とストップ高で、翌日もさらに上昇し1,510円まで付けました。しかし、その後は今回の全体相場に巻き込まれ、1,100円台まで調整しています。

同社はデータセンター事業者で、大型設備投資と需給悪化で業績が低迷し、3期間営業減益が続いた後、2015年3月期から本格的な業績回復期に入りました。

一つのポイントはリーマンショックの過程でも業績が大きく伸び続けたということがあります。今回仮に中国ショックが世界に波及し、景気が悪化しても業績が悪くならないであろうという想定ができますので、買いやすい株でしょう。

また、会社予想のPERは17倍ほどですが、増額収益の公算が大きく、さらにPERが低下します。相場の混乱期は、将来の業績拡大期待で買われた高PER銘柄は、業績が悪化しなくても投資マインドが冷え込むと、株価が売られます。PER30倍以上の株には注意が必要でしょう。

なお、さくらインターネットの詳細はこちらからご覧いただけます。
http://cherry100.mods.jp/ra/s/882

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> さくらインターネット(3778)