今週は、アメリカの利上げ観測の思惑から上値は重い

今週は、アメリカの利上げ観測の思惑から上値は重い
- 柴田罫線からみるとNYダウのチャートは崩れており、日経平均も追随の可能性 -

<先週は予想外の中国人民元のリ切り下げでSQも絡んで大きな上下動>
 先週の予測では、好決算を背景にSQに絡んで高値圏での上下動となる可能性としました。又、アメリカでは9月利上げ観測が再燃し、ドル高・円安傾向となるもののアメリカ株式にとってはマイナス要因であり、現在アメリカ株式が調整中であることを考えると日本株式のみが独歩高になることは考えにくいとしました。 そのため125円台の円安にふれても日経平均は年初来高値の20952円を試すぐらいのところがピークで、そこから調整入りというシナリオも考えられるともしました。

 結果的には、週前半に20946円をつけたあと予想外の中国の人民元切り下げで急反落となり、週半ばに20303円まで下げて、週末の終値は20519円となりました。 先週は前週からのリバウンドの流れを引き継ぎ10(月)は△84円の20808円と4日続伸となり、11日(火)は前日の欧米株式の大幅高を受けて、前場寄り付きは△111円の20920円となり、年初来高値の6月24日の20952円まであと6円と迫る20946円まであって伸び悩んでいるところに、中国人民銀行による人民元の切り下げのニュースが伝わり、急反落となって▼87円の20720円で引けました。 欧米株式も大幅下落となり、さらに12日(水)も連続して人民元の引き下げが行われたことで中国の景気への警戒感から日経平均は一段安の20303円まであって▼328円の20392円の大幅続落となりました。その後は、中国側の「切り下げは一時的処置」との発言で次第に市場は落ち着きを取り戻したことで日経平均も13日(木)は△202円の20595円と反発しました。週末の14日(金)は週末であることで様子見ムードもあって▼76円の20519円で引けました。
8月のSQ値は20540円となり終値はこれを下回っています。

日本市場の引け後のアメリカ市場では、7月生産者物価指数と7月鉱工業生産指数は予想を上回りましたが、ミシガン大学消費者信頼感指数は予想を下回りマチマチの結果となりました。しかし、ギリシャ協議で政治的合意に達したとのニュースで買い優勢となり△69ドルの17477ドルで引けました。シカゴ日経先物は△75円の20585円とSQ値を上回って引けていました。

<今週は、アメリカの利上げ観測の思惑から上値は重い>
 今週は、2015年4~6月期決算が終了し国内的には手掛かり材料が不足し、外部の材料に影響を受けることになりそうです。特にアメリカでの9月利上げ観測が再燃しており、実施されるとどうかを見極める展開となるため、どうしても9月のFOMC(9月16日~17日)に向けては、相場は一方的に傾よりにくく高値圏でのもみあいが続く可能性があります。その中で今週は8月19日のFOMC議事録公開やその他の経済指標が注目となります。

 為替からみると、9月利上げ観測からドル高・円安の方向にあり9月利上げ観測が高まって1ドル=125円台に乗せてくれば、日経平均は現時点では20000円~21000円のレンジの中で上限を目指すことになり、逆に9月利上げ観測が後退すれば円高へふれて日経平均も下へふれやすくなります。又、中国元の切り下げの混乱は収束したものの、中国景気への懸念は不透明なままですので積極的な買いは入いりにくいといえます。

柴田罫線でみると、現時点では6月16日の20952円、8月11日の20946円とほぼダブル天井の形をつくっており、8月12日の20303円を終値で下回ると売転換と同時にダブル天井が確定し、さらに昨年の10月17日の14529円からの上昇トレンド(A)を切ってくることになります。(その場合の下値は20000円、19700円台、19200円となります)
逆に、このまま8月12日の20303円を切らずに6月24日の20952円を終値で上回ると2山形成後の浅い押しからの反発となって21000円を突破する可能性があります。ただし、その場合でも現状は全体相場が動いておらず指数のみの偏った上昇となって大きく買われ過ぎたところから急落という可能性も考えられるところです。

しかし、これに加えてNYダウを柴田罫線でみると、すでにNYダウは相場が崩れており日経平均のみが単独で上昇することは考えにくいところです。柴田罫線ではNYダウは3尊天井をつくって売転換となり、もう一山つくって下落し、2013年10月9日の14719ドルからの約3年近い上昇トレンドを下に切っています。まだ、値幅調整も日柄調整も中途半端ですので、もう一段の下げの可能性もあり、そうなれば日経平均も影響を受けることになります。

本日は、前場は先週末のアメリカ株高を受けて△80円の20600円で寄り付き20668円まで上昇したあとは、利益確定売りに押されて上げ幅を縮小し△70円の20590円でした。後場になると一時△21円の20541円まで上げ幅を縮小しましたが、引けにかけて徐々に買い戻し優勢となって△100円の20620円で引けました。 ただし、市場ボリュームは縮小し出来高17億0823万株、売買代金は1兆9480億円と2兆円を割り込んでいます。

出島式ズバ株投資情報ブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、アメリカの利上げ観測の思惑から上値は重い