相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(7949)小松ウォール工業

 四季報2015年夏号によると、期初受注残104億円、前年同期比11・5%増と依然高水準。可動間仕切り、トイレブースなど首都圏の新築ビル建設活況、学校・体育施設建設増が受注牽引。人員増による人件費負担は営業、施工体制見直しで吸収。営業増益。連続最高益。
間仕切り主体に国内シェアアップに力点。加賀工場は10月に工場建屋完成、16年4月稼働を予定。ドア生産を集約。
7月22日決算発表。4月22日発表と変わらず。2016年3月期、据え置き。
2013年8月22日の1646円の安値から中期上昇トレンド(A)の中にあります。この中で2014年4月11日の1873円を安値に業績上方修正を受け急角度の上昇トレンド(B)となり、この中で7月16日の3130円の高値をつけました。ここをピークに10月21日の2295円まで下落し、12月3日の2823円まで反発となったあと、三角保ち合い(C)へと移行しました。この中の煮詰まったところで今年の4月16日に2620円の高値をつけたあと、下放れとなり7月28日に2192円まで下落して、もみあったあと8月7日2333円で買転換となっています。基本的には戻り売りの形ですので短期リバウンド狙いとなります。

(7949)小松ウォール工業

(6362)石井鐵工所

 四季報2015年夏号によると、タンクは海外大型案件あるが、材料費や工事費高騰で若干採算割れ続く。ただ、安定利益源の不動産賃貸が羽田地区再開発事業の一部稼働で拡大。利益反発。
羽田地区の旧ガス充填所の社有跡地約1000坪を再開発し、5月から倉庫として賃貸。タンクは得意のエチレン、プロパン低温タンク中心に、東南アで受注活動積極化。国内タンクは耐震補強中心。
8月7日決算発表。5月15日の発表と同じく2016年3月期は2ケタの増収・増益見通し。
2012年10月3日の115円を安値に11月20日にアベノミクス相場のスタートを受けて141円で買転換し、急騰となって2013年3月21日の372円まで上昇。ここから6月27日の208円まで押し目を入れて再騰となり9月17日には392円と高値を更新しました。しかしここをピークにその後の下方修正もあって下降トレンド(B)入りとなりました。この下降トレンド(B)の中で2014年5月21日に200円で底打ちとなって8月20日の278円まで反発しましたが再下落となって今年の7月9日の201円でダブル底となり、8月10日に225円で買転換となっています。5月15日の決算発表では2016年3月期は2ケタの増収・増益ながら反応せず、今回の8月7日も業予想はそのままとなっていることから、やっと反応してきたという感じです。まだ下降トレンド(B)の中にありますが、この中で8月20日の278円の下降トレンド(C)は上にぬけてきています。

(6362)石井鐵工所

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!