相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(7224)新明和工業

 四季報2015年夏号によると、特装車は販売高水準、工場フル稼働続く。航空機は民間向け漸増だが、防衛省向けの生産進捗し拡大。産機・環境はゴミ中継施設が伸びる。パーキングも採算改善。ただ人件費増加。特装車の外注費や償却負担も膨らみ営業益の伸びは小幅。
前期比2・3倍に拡大。航空機は増産対応と新機種準備で40億円。老朽化したタイの特装車部品工場更新も検討。
ダンプトラックやコンクリートミキサーなど、架装事業が伸びており航空機部品の開発、製造を手がける航空機事業も好調。
7月30日の決算発表では2016年3月期を上方修正
2012年9月6日の365円を安値に10月5日に408円で買転換となり、11月中旬からのアベノミクス相場のスタートを受けて、上昇トレンド(A)を形成し、2013年5月21日の898円まで上昇しました。ここから6月7日の681円まで押し目を入れたあと、上昇角度をややゆるやかにする上昇トレンド(B)へ移行しました。
この中で、2014年10月16日の891円を安値に急角度の上昇となり、今年の3月2日には1395円の高値をつけました。ここをピークに買われ過ぎからの短期下降トレンド(D)となっていましたが、7月29日の1055円の安値をつけたあと、7月30日の決算報告で業績の上昇修正を受け急騰となって1256円で買転換となりました。押し目買い有利の形といえます。

(7224)新明和工業

(6967)新光電気工業

 四季報2015年夏号によると、柱のMPUパッケージはPC市場停滞響き数量横ばい。ただ下期に高単価の新製品が増え、若干上向く。スマホや車載用のリードフレーム続伸。半導体装置向け部品も好調。円安効果増大。営業益反転し倍増以上に。為替差益は見込まず。
製造工程見直しで生産能力拡大。半導体装置向け静電チャックの受注増に対応。脱・PC依存を狙い製品拡充急ぐ。
7月30日決算発表。2016年3月期予想は4月28日発表と同じく増収・増益に変化なし。
2012年11月9日の446円を安値に、この月からのアベノミクス相場にサポートされて、急騰し2013年5月23日に1299円の高値をつけました。ここをピークに下降トレンド(A)入りとなりました。この中で、下値では下げ角度が①→②→③とゆるやかになり、下降トレンド③で2014年10月23日に595円で底打ちとなりました。ここから反発となって下降トレンド(A)を上に抜け、今年の5月21日には1070円の戻り高値をつけました。上昇幅の1/2押し(833円)を少し切った805円まで押し目入れてもみあったあと、決算発表を受けて、7月31日に927円で買転換となりました。2016年3月期の好業績は、かなり織り込んでおり下げすぎからのリバウンド狙いとなります。

(6967)新光電気工業

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!