相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6203)豊和工業

 四季報2015年夏号によると、産業用機械の老舗。工作機械が主力。火器、防音サッシなど防衛需要大。道路清掃車両で首位
防衛省向け小銃の減少から火器の小幅赤字続く。前期大幅増の特装車両も減速。が、前期新機種投入による費用増に見舞われた工作機械は生産軌道化から黒字に。不動産賃貸(家電量販)のフル寄与もあり営業利益底打ち。為替差益見込まず。中国の生産現法、天津机床有限公司でMCの生産開始。セラミックシート積層機械など電子機械の販売を一段強化。
2014年3月期、2015年3月期とさえない展開続くが2016年3月期は2ケタの増収・増益予想
2011年9月26日の530円(分割前53円)を安値に上昇トレンド(A)を形成し、この中で2013年4月9日に1630円の高値をつけました。ここをピークにして上昇トレンド(A)を下に切り、9月3日の801円まで下落し、10月30日の940円まで反発するものの、下降トレンド(B)となりました。この下降トレンド(B)の中で、2014年5月7日の711円、10月17日の709円と底打ち後、安値圏での711~800円のボックス相場(C)へ移行し、ここを上放れする動きとなっています。今年の7月9日の716円を安値に7月15日に883円まであって終値は798円となり、買転換となりましたが押し目形成となっています。7月15日の883円は長い上ヒゲとなっていますが、これはあとで実体で埋めにくる可能性が高いといえます。

(6203)豊和工業

(5949)ユニプレス

 四季報2015年夏号によると、車体プレス部品は国内苦戦し、欧州も低調。中国は鄭州新工場等寄与するも、投資先行で赤字残る。が、高需要の北米の牽引続く。アラバマ工場も通期貢献。海外新工場立ち上げによる償却増をこなす。為替差益見込まず純益上向く。大幅増配。
筆頭株主の新日鉄住金が持株比率16%に引き上げ。プレス部品の軽量化など共同開発強化。ロシア新工場は建設中断。
車体プレス大手で日産自動車向けが売上の9割。
車体軽量化などに向け新日鐵住金と資本業務提携を強化。
2013年5月15日の2500円を高値とし、6月17日の1585円を安値とする三角保ち合いが煮詰まり、2014年4月10日1881円で買転換となって上放れし、6月30日の2453円まで上昇。ここを戻り高値に再下落となって、今年の1月14日の1892円で底打ちとなり、急騰となって3月10日の2595円の高値更新となりました。ここをピークに三角保ち合い(C)を形成し、煮詰まって上放れとなり6月8日には2895円と年初来高値更新となりました。1月14日の1892円からの上昇トレンド(B)を形成していましたが、2895円をピークに買われ過ぎからの調整となり、上昇トレンド(B)を切って7月9日には2275円まで下げて反発しているところです。

(5949)ユニプレス

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!