相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(7011)三菱重工業

 四季報2015年夏号によると、日立との統合効果が顕在化して利益柱の火力発電設備が今期も業績牽引。自動車ターボ、中国空調、フォークリフト等の機械・設備も好調続く。大型客船の特損消え、純益水準切り上がる。連続増配。
2012年11月13日の315円を安値に、アベノミクス相場にサポートされ、11月22日に364円で買転換となって急上昇となり、2013年5月23日に765円まで上昇しました。ここを当面のピークに調整入りとなり、6月21日の513円まで押し目を入れて2014年1月6日の730円まで反発するものの、ここが戻り高値となって5月8日の530円まで下落しました。この後は、1月6日の730円を高値とし5月8日の530円を安値とする三角保ち合い(B)となっていましたが、これが煮詰まったところで今年の2月5日の612円を安値に3月13日の674円で買転換となり、三角保ち合い(B)を上放れして6月4日に805円の高値をつけて2013年5月23日の765円を更新しました。ここからの押し目は買い有利といえます。

7011三菱重工業

(8411)みずほフィナンシャルグループ

 四季報2015年夏号によると、2月にRBSから買収した北米貸出資産がフル寄与。非日系優良企業向け手数料収入も伸びる。国内預貸利益の低下を補い業務純益拡大。ただ与信費用増、株式売却益減。経常は若干減る。税費用減。
中小企業経営者向け事業・資産承継サービスに一段注力。みずほ投信・新光投信など統合し、資産運用を強化。保有株式約1500億円を今期売却方針。
長期の下降トレンドの中で、2011年11月21日の98円で底打ちとなり、その後120円台でもみ合っていましたが、2012年11月13日の121円を安値に、アベノミクス相場にサポートされ、12月13日の135円で買転換となりました。2013年5月13日の233円まで上昇後は、180~240円のボックス相場(A)となりました。この中で、2013年5月15日の233円、2014年1月23日の240円を2点天井、2013年6月7日の180円、2014年10月17日の178円と2点底となっていましたが、今年になって2月18日の210円で買転換、4月16日の220円で「ろく買」(追加の買法則)がでて上限となっていた240円を上にぬけ、6月1日に280円まで上昇して6月19日に250円まで押し目を入れ戻りにはいっているところです。

8411みずほFG

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!