S&P 500 月例レポート

S&P 500®

小国ギリシャの影響で大市場が混乱(そして下落)
上海総合指数は過去最高値から急落

状況は「ギリシャ悲劇」というより「二都(あるいはもっと多くの都市を巻き込んだ)物語」の様相を呈しています。市場では流動性の問題が再燃し、一部ではその原因は投資家以上に政治家にあると非難する声も聞かれます(まさかそんなことがあるでしょうか)。まるで、米西戦争で「ラフ・ライダーズ」と呼ばれる騎兵隊を率いたセオドア・ルーズベルトのかけ声「Charge(突撃せよ)」(Chargeには「請求」という意味もある)を「Spend(支出せよ)」と解釈し直すようなことが(政治家により)行われているようです。いずれ誰が本物のラフ・ライダーズで誰が偽物かがわかるでしょう。中国では上海総合指数が6月12日の高値から17.4%下落して6月の取引を終え、弱気市場の入口まで来ています。しかしバックミラーで過去を振り返ると、年初来で32.2%の上昇、過去1年で108.8%の上昇と、依然として強気市場にあります。ただ、さらに溯ると、現在の水準は2007年10月の過去最高値をなお30.2%下回っており、そう考えると弱気市場ということになります。以上のこと全てを考え合わせても強気市場のように思えるのであれば、全てはタイミング次第ということになります。そしてタイミングはギリシャに味方しなかったようです。土壇場(残り8時間とはよく粘ったものです)でヘイルメアリーパス(アメリカンフットボールで、苦戦を強いられているチームがゲーム終盤に最後の賭けとして得点を狙うために投げるロングパスのこと)を投げ込んだものの、うまく行きませんでした。そして銀行は6営業日の休業に入っています(休業期間明けに再開されるかどうかはわかりません)。さらに噂(そうとも言えませんが)によるとプエルトリコでも休業が始まったようですが、これに対しては同情する声が多くあります(シカゴ便がまた遅延した時のように)。 ほとんどの米国人が土壇場で成立すると考えていた「取引」はまとまらず、市場をほぼ席巻したのは、上海株や関連するボラティリティ指数の空売りではなく、ギリシャ情勢でした。その結果、週明け月曜日(6月29日)に欧州市場は急落しました。翌朝に反発したものの、勢いは続かず、トレーダーは損失を被りました。ウォール街では奇妙なことに、「取引不成立」にもかかわらず、多くが(当社も含む)まだ何らかの「取引」がいずれ成立すると考えたことで、問題は先送りされ、その間に問題は大きくなっています。ひょっとすると我々は取引の条件をよく理解していないのかもしれません。この取引では、利払いを怠るとデフォルトになる場合と、支払遅延になる場合があるようです。また、あるイベントについて、より大きなイベントにつながると考える人がいる一方、それによりイベントの引き金を引くことが許可されると受け止める人がいることです(しかし誰がそんなことをしたいと考えるでしょうか)。政治家に新たな法律を作ってもらう必要があるように聞こえます――常にそれが答えです(とはいえ、私は夏の読書リストに「不思議の国のアリス」を加えることにします)。

しかし6月に世界で起きたさまざまな出来事は、悪いことより良いことの方が多かったようです――ただしグローバル市場にそれは表れませんでした。英石油会社BPによると、米国はロシアを抜いて世界最大の石油・天然ガス生産国となりました(女子サッカーチームのように実力を出し始めたようです)。英銀HSBCは25,000人をレイオフする(失業が発生する)と発表し、加えて一部事業の売却により、さらに25,000人を同社から切り離す方針です。サウジアラビアが証券取引所での適格外国人投資家の取引を解禁し、次はイランの番ではないかと注目が集まっています(ただし核開発を巡る交渉で合意する必要があります。6月30日の交渉期限は1週間延期されました)。また、日経平均は1996年12月以来18年ぶりの高値を更新しましたが、依然として1989年12月の高値を46%下回っています――ここでもまた大切なのはタイミングです。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> ETF/REIT> S&P 500 月例レポート