相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6310)井関農機

 四季報2015年夏号によると、9カ月決算。消費増税反動と米価下落で前期急落した国内農機販売が底打ち。海外は北米や仏社代理店買収の欧州拡大。退職給付変更時差異償却終了と人件費圧縮が押し上げ営業黒字復帰。変則期だが計画利益達成なら創業90周年記念配も。
底値圏での三角保ち合い(A)の中で、2012年11月中旬のアベノミクス相場をスタートに11月19日に198円で買転換となって急騰、2013年5月20日の454円まで上昇しました。ここをピークに買われ過ぎとなって6月27日の258円まで急落後、7月23日の384円まで戻すものの、下降トレンド(B)入りとなりました。2014年5月21日の244円でいったん底打ちとなって9月8日の290円まで戻すものの、業績の下方修正やTPPの進展の遅れもあって、下向きの先細三角形(C)へ移行しました。この下向きの先細三角形の中で、今年の1月16日に212円で底打ちとなり、この先細三角形を上に抜けてもみあい、6月23日に222円で2点底の形となって反発に転じつつあります。

6310井関農機

(4203)住友ベークライト

 四季報2015年夏号によると、高機能プラスチックには買収した航空機内装部品の米国ヴォーペル社が通期寄与、自動車用も北米で好調。半導体関連材料も中国や台湾のスマホ好調受け封止材が続伸。原料安も追い風。営業益伸長。
16年3月期は増収二ケタ増益見通し、1株純資産702円で現在株価は割安。
2012年2月7日の504円を高値とする下降トレンド(A)の中で、10月15日の265円を安値に11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて2013年5月20日の456円まで上昇しました。ここから6月17日の342円まで下げて直角三角形の保ち合い(B)を形成していましたが、煮詰まったところで横に抜け出し、2014年5月19日の356円を安値に上昇トレンド(C)へ移行しました。この上昇トレンド(C)の中で、業績上方修正を受けて今年の6月2日に600円の高値をつけ、現在押し目をつけています。信用倍率が0.56と買い残のしこりもないので、早い反発が期待できます。

4203住友ベークライト

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!