相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(5269)日本コンクリート工業

 四季報2015年夏号によると、東京外環道路向け大型物件が受注本格化で伸長。公共工事向けPC壁体等土木製品は堅調。パイルも物流倉庫向け需要開拓。前期端境期のポールも通信、電力向けともに上向く。2次製品の生産効率化も進む。営業益反発。税負担平常化。増配。
2015年3月期は下方修正だが、2016年3月期は増収増益予想。
2012年7月25日の199円を安値に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて上昇トレンド(A)を形成していました。この中で、2014年4月11日の348円を安値に急角度の上昇トレンド(B)となり、9月1日には787円の高値をつけました。しかし、ここをピークに下降トレンド(C)を形成し、今年になると業績の下方修正から3月5日の459円まで下落、上昇トレンド(A)を横に切って狭いボックス相場(D)となりました。このボックス相場の中で、2015年3月期の下方修正を織り込み、3月5日の459円、5月7日の468円を2点底にして上放れし、5月26日に551円まで上昇して押し目となっています。

5269日本コンクリート工業

(5331)ノリタケカンパニーリミテド

 四季報2015年夏号によると、主力の工業機材は移転後のみよし工場の軌道化が奏功。併せて前期連結化した日本レヂボンもフル寄与。食器も赤字幅縮小。電子材料向け軸のセラミックや乾燥炉などのエンジ横ばいでも営業増益に。
2011年3月11日の東日本大震災直後の3月15日の220円を安値に3月30日の359円まで急騰後、下降トレンド(A)となりました。この中で、2012年11月14日の183円で底打ちとなり、ここからアベノミクス相場にサポートされて、2013年5月15日の302円まで反発しました。しかし、ここをピークに2014年2月5日の230円を安値とするボックス相場(B)(終値ベースでは232~296円)となりました。このボックス相場の中で、10月17日の235円を安値に上昇し、今年の1月30日に299円とボックスの上限まで上昇したあと、ここでもみあって3月9日の277円、5月7日の278円とダブル底を作って上放れとなり、6月4日に320円の高値をつけました。押し目買いの形といえます。

5331ノリタケカンパニーリミテド

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!