【特別インタビュー】現在の東京市場は“爆騰前夜”。チャートの中にある真実を多くの投資家に届けたい!

橋本明男(はしもと・あきお)
ジャパン・ストック・トレード投資助言担当

photo1【プロフィール】
大手スーパー勤務などを経て、1978年、共栄リサーチ入社。同社でチャーチスト、投資助言者としてのキャリアを積んだ後、84年に独立し、フューチャー出版を設立。「顧客に利益をもたらさなければ報酬は一切貰わない」を信条に、完全成果報酬型の投資顧問を30年以上に渡って展開。2014年よりジャパン・ストック・トレードの選任投資助言者として活動開始。自らの投資助言経験をもとに生み出した、通称“橋本ケイ線”によって導き出す推奨銘柄の的中率の高さは、密かに話題を呼んでいる。
 

 日経平均2万円台が定着し、相変わらずの地合いの良さを見せる東京市場。世間の株式投資への関心も高まり、ネット取引の隆盛も相まって、投資助言も百花繚乱のごとく乱立し、それぞれ工夫を凝らしてサービスを展開している。そんな中、異彩を放っているのが、キャリア30年超、独自に編み出した手書きのチャートを駆使して渾身の投資助言を展開する橋本明男氏だ。本インタビューでは橋本氏に、自身の助言哲学とチャート分析の極意をうかがった。
 

━━ジャパン・ストック・トレードの投資助言者として、その的中率の高さが一部の投資家の間で話題になっている橋本さんですが、銘柄選出に、独自に編み出した手書きのチャートを使われているそうですね。

 「株でメシを食っていこう」と決意して、1978年に投資顧問業を始めてから今日まで30年以上、毎日、チャートを書いています。まあ、他の人が見ても全く意味が分からないと思うんですがね(笑)。
 そもそも、皆さん「株は難しい」というけれど、私はそれが不思議でしょうがない。上がるか下がるか、答えはふたつに一つ。相場の流れを見れば、それを読み説くことは簡単なんです。そして、相場の流れはチャートの中に必ず表れる。
 だってチャートというのは過去の膨大なデータの蓄積なんですよ。よく「相場のことは相場に聞け」なんて言いますが、全くその通りで、過去のデータを引っ張り出せば、つまりチャートに表れた過去の相場の動きを見れば、ほぼ現在の相場にも当てはめることができるものなんです。
 現在のように情報が氾濫した時代だと、色々と余計な情報が入ってきますよね。でも真の情報は、チャートの中にしかないと私は思う。極論を言えば、ファンダメンタルの分析なんて一切必要ない。チャートに表れた相場の流れに素直に従えばいいだけのことです。例えば、私が推奨する銘柄は今年の2月以降、ほぼパーフェクトの結果を出していますが、これもチャートに表れた過去の経験則に素直に従っただけなんですから。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 【特別インタビュー】現在の東京市場は“爆騰前夜”。チャートの中にある真実を多くの投資家に届けたい!