メジャーSQ、海外要因の不透明さから、こう着相場続く可能性

<欧米株式の大幅安にもかかわらず、日経平均は小幅な下げにとどまる>
 先週の予測としては、上昇基調をどこまで維持できるかどうかに注目とし、その上昇基調の変動要因として、ギリシャ債務問題やアメリカの5月の雇用統計に要注意としました。

 結果的には、6月1日(月)の△6円の20569円で12日連騰がストップし、全体としてはこう着感が強い展開となりました。2日(火)は、為替が日本市場で2002年12月以来の一時125円台にのせたあと一服したことで、日経平均も利益確定売りから▼26円の20543円と13日ぶりの反落となりました。3日(水)は、ギリシャ債務問題で欧米株式が下落したことを受けて▼69円の20473円と2日続落となりました。4日(木)は△14円の20488円と反発するものの、5日(金)は、前日のアメリカ市場で再びギリシャ債務問題からNYダウが▼170ドルの17905ドルの大幅下落となったことで日経平均は20363円まで売られましたが、その後押し目買いが入って▼27円の20460円で引けました。欧米市場の大幅下落に対して日本市場は利益確定売りが強まる局面があったものの、出遅れている業種や銘柄が買われ、小幅な下げにとどまりました。

 5日(金)の日本市場の引け後のアメリカ市場では、注目の5月の雇用統計で雇用者数が予想の22.5万人を大きく上回る28万人となったことで9月の利上げ観測の思惑が高まり、為替は1ドル=125.86円という2002年6月以来の高値をつけました。10年債利回りも一時2.435%と昨年10月以来の高水準となったことで、NYダウは▼56ドルの17849ドルの続落となりました。シカゴの日経先物は、円安を好感して△120円の20580円で引けました。

<今週は、先週に引き続き出遅れ株や中小型株の物色の可能性>
 今週は、先週末のアメリカの5月雇用統計の予想を大きく上回る結果を受け、利上げの時期に対する思惑が株式相場の変動要因になりそうです。週末には、ドル・円相場は1ドル=125.86円と2002年6月以来の高値となったことで、9月の利上げ観測の見方も台頭してきました。今週もアメリカでは経済指標の発表が相次ぎ、その内容が予想を上回るものであれば、9月のFOMCでの利上げが意識されることになります。そうなれば、金利上昇から株式市場は下落につながる可能性があります。

 今週は、週末の12日(金)にメジャーSQを控え、又ギリシャ債務問題やアメリカの早期利上げへの思惑が交錯し、先週と同様にこう着感の強い相場展開となって主力株は動きにくく、出遅れの業種や好業績の中小型株が物色される可能性が高いといえます。日経平均の指数は、5月25日(月)の安値20310円と5月28日(木)の高値20655円のレンジ内の動きとなっており、丁度2週間この中でもみあっている状況です。この中で株価の値動きが小さくなっており、変動率(当日終値と前日終値の比較)が1%以下が続いています。これは投資家の強弱感の対立や、ギリシャ問題やアメリカの利上げ時期への不透明感を示しています。
 基本は、今週もこう着状態と想定されますが、20655円を終値で上に抜けると2000年4月12日の20833円を試す動き、逆に20310円を下に切ると2万円を試す動きが想定されます。ここからの一段の円安が中長期的には日本経済にプラスになるとしても、短期的にはアメリカの金利上昇から株式が売られ、日本株のみが上昇を続けることは考えにくいところです。

 本日8日(月)は、円安を受けて主力輸出株に追い風となって買い先行で始まるものの、買い一巡後は利益確定売りから一時20359円まで下げる場面がありました。ここから押し目買いが入りプラスに戻す場面もありましたが、▼3円の20457円で引けました。

出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> メジャーSQ、海外要因の不透明さから、こう着相場続く可能性