2015年6月1日時点での主要市場見通し

花の一里塚~市場見通しサマリー

2015年6月1日時点での主要市場見通し

hyo

基本シナリオと見通し数値について

結論として、中長期楽観、短期警戒を変更しない。
大枠として、世界的に景気は持ち直しを持続している。米国の1~3月期のGDPが下方修正されるなど、過去のデータは厳冬・大雪や港湾ストの悪影響が表れているが、米国経済は徐々にそうした一時的な落ち込みから持ち直している。日本経済も、徐々にではあるが、昨年の消費増税の影響から脱却してきており、企業収益も増益だ(ただし中国の経済動向については懸念している)。
市場動向については、米国株価の買われ過ぎを指摘してきた。実際、徐々に欧米等主要国の株価が天井圏を形成しつつある。日本株はそうした海外株の動向を無視するように上がり続けているが、物色面でも材料面でも危うさが募るばかりとなっており、かえって当面の国内株価動向を悲観視している。
米ドルも対円で急伸した。まだ日米政府等による相場牽制は穏やかなものにとどまっているが、米国は足元で米ドル高を容認しがたい状況にあり、いずれ米ドル相場の重石となってくるだろう。
こうした点から、中長期的には内外株価や外貨の対円相場が、実体経済に沿って上昇すると予想する(その結果、今年末の日経平均株価や米ドル円相場が、現時点より高くてもおかしくないと考える)が、短期的には一旦の株安・円高局面を経由すると見込んでいる。

具体的な予想レンジの修正については、2015年6月末までの予想については、予想期間末までの時間が短くなった(6月末まであと1か月を切った)ため、日経平均、米ドル、豪ドルについて、予想レンジの幅を縮小した。また、米ドルについては、これまでの予想レンジ上限を上抜けてしまったため、それに応じた修正も行なった。

すなわち、2015年6月までの予想レンジを、前号(5月号)から次のように修正した(下線太字部は変更箇所)。

日経平均株価(円) 16500~21000 ⇒ 18500~21000
10年国債利回り(%) 0.25~0.7 ⇒ 変更なし
米ドル(対円) 105~122 ⇒ 115125
ユーロ(対円) 127~145 ⇒ 変更なし
豪ドル(対円) 88~110 ⇒ 88~105

2015年12月までの予想レンジについては、大きな修正は行なわない。足元の相場水準に合わせて、国内長期金利、ユーロ、豪ドルの下限を若干下方修正する(下線太字部は変更箇所)。

日経平均株価(円) 16500~21000 ⇒ 変更なし
10年国債利回り(%) 0.5~1.7 ⇒ 0.3~1.7
米ドル(対円) 105~125 ⇒ 変更なし
ユーロ(対円) 135~160 ⇒ 130~160
豪ドル(対円) 95~120 ⇒ 90~120

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 2015年6月1日時点での主要市場見通し