上昇基調がどこまで継続できるかどうかに注目

上昇基調がどこまで継続できるかどうかに注目
・・・アメリカの雇用統計やギリシャ債務問題に要注意・・・

<急速な円安進行を受け、輸出関連の主力株にけん引され11日連騰>
 先週の予測としては、チャート上は遅かれ早かれ2000年4月12日の20833円を目指す流れといえるものの、短期的には過熱感も出てきており、20000~20500円での高値圏でのもみあいを想定しました。但し、アメリカの経済指標が良ければ早期利上げ観測が高まってドルが買われ、日米金利差拡大から一段の円安となって日本の株式市場にはプラスになるとしました。

結果的には、29日(金)には為替が1ドル=124.46円という2007年6月の水準までの円安進行となり、今期の輸出企業の想定為替レートが1ドル=115円ですので、主力の輸出企業に見直し買いが入り指数をけん引し、28日(木)は、日経平均は20655円まで上昇しました。

週初めの25日(月)は、1ドル=121円台の円安を好感し、輸出関連株を中心に出遅れ銘柄の循環物色が続き△149円の20413円となり、26日(火)は、欧州勢の参入でドル買い・円売りが加速し約7年11ヶ月ぶりの1ドル=122円台後半となったことで△23円の20437円と続伸、更に27日(水)は1ドル=123円台となってことで△35円の20472円となりました。28日(木)は、前日の欧米株式が大幅高となったことや1ドル=124円をつける場面もあったことで良好な外部環境の元に20655円まで買われ、終値は△78円の20551円でした。週末の29日(金)も引き続き先高期待から売買代金・出来高が大きく膨らみ、△11円の20563円と11日連騰となりました。
 しかし、日本市場の引け後のアメリカ市場は、ギリシャ債務問題の進展がみられず欧州株式が大幅下落となり、1~3月期のGDP改定値が前期比年率+0.2%から-0.7%へ下方修正(市場予想は-0.9%)し、他の経済指標も弱かったことで利上げ先送り期待から利回りは上昇したものの、株式市場は好感せず▼115ドルの18010ドルとなりました。シカゴの日経先物は▼105円の20455円となっていました。

<今週は、先週までの上昇基調を維持できるかどうかに注目>
 今週は、週初めは先週末の欧米株式の下落を受けて売り先行で始まりそうですが、下値確認後先週までの上昇基調を維持していけるかどうかが注目となります。
 先週は、急速な円安進行を受けて大手輸出企業の収益が膨らみやすい(今期の為替想定1ドル=115円)ため、円安のプラスの側面に注目がいき、日経平均は29日(金)は約27年3ヶ月ぶりに11日連騰となりました。しかし、今週は週末のアメリカの5月雇用統計を控え、又不透明さが強まったギリシャ債務問題や最近の荒い値動きが目立つ上海株式が不安材料となります。
 気になるのは、当面のアメリカ株式の動きです。週末のアメリカの雇用統計が改善すれば利上げ期待からドル高が一段と進む可能性がありますが、そうなると単純にアメリカの景気回復期待で株式が上昇するのか、それともアメリカの企業業績の悪化懸念から株式が下落するのかわかりにくいところがあります。アメリカの格言で「5月に株を売って、市場から去れ」というものがあり、6月は節税目的の個人退職年金の流入が一巡し、需給面の好材料がありません。NYダウが17776ドルを終値で切るようですと、いったん調整に入る可能性もあります。そうなるとこれまで上昇を続けていた日本株式もいったん調整ということも考えられますが、日本の場合は需給環境もよく、下げれば買いチャンスということになります。

 本日6月1日(月)は、日経平均は先週末の欧米株安を受けて▼118円の20444円で始まりましたが、売り一巡後は下げ渋る展開となり、前場は▼73円の20489円でしたが、後場になると先高期待でプラスに転じ、△6円の20569円と12連騰となりました。

出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 上昇基調がどこまで継続できるかどうかに注目