調整後は、テーマ別の物色に!

一度下がった後が勝負!

 ここ数日の連騰で、儲けているのは、日経225先物や、225ミニ、あるいはETFの投資家だろう。個別銘柄で、そう簡単に稼ぐことができる環境ではない。したがって、「自分の買ったやつだけ上がらない!」と嘆いている人が多いかもしれない。しかし、それは錯覚だ。

 先週末にかけて、日経平均株価は、11連勝を達成し、5月の記録を次々と塗り替えたが、騰落レシオ((上昇銘柄数÷下降銘柄数)×100)は、まだ117.6にすぎない。
今年2月から3月の上昇のときは、140に達していたことを考えると、まだ、水準はそれほど高くはない。

 このことから、いえることは二つある。

1.上昇銘柄対下落銘柄の割合は、6対5 程度なので、上がっていない銘柄も多い。
2.過熱感があまりなく、まだ、周囲に買いが広がる余地がある。

 もちろん、日経平均は、派手さはないが地道に連騰しているので、他の指標を見ると、過熱感が出ているともいえる。しかし、日経平均が下がったとしても、周囲に買いが広がれば、投資家のマインドは維持され、調整したあと、再度の上昇につながりやすい。

 今回の上昇の中で、「逆張り的」な投資をしている人は、あまり保有株が上がっていないのではないだろうか。日経平均採用銘柄を中心とした、「順張り」銘柄が上昇の主役になっている。

しかし、焦ることは全くない。出遅れている「逆張り銘柄」にも買いは回ってくる。今回は、まず日経平均株価が20833円を抜きにいくタイミングを決め、市場全体の方向性を計るための相場だ。したがって、機関投資家でさえ、一度下がるのを待っている。いつ終わるかわからない連騰の中に資金を投入するのは、相場のリズムが読めず、非常にやりづらいのだ。

 出遅れの銘柄には順番に出番が来るだろうし、すでにそういった動きは始まっている。一度調整をした後が、本当のチャンスになるだろう。

調整後のテーマ

 日経平均が調整もしくは上下を始めた後は、個別の株式物色になり、相場には再びテーマ性が出てくる可能性がある。

 では、これから考えられる株式市場のテーマを、整理しておこう。

1.防災関連
相次ぐ火山活動などに対する対策など

2.サイバーセキュリティ(マイナンバー含む)
中国のハッカー部隊などが話題に・・・

3.IoT
3月期各社の決算説明で、比較的多かった戦略の一つ

4.防衛・航空宇宙
安全保障法制、宇宙計画など

 これらの銘柄の中で、「出遅れている中型銘柄」には、すでに買いが入り始めている。それが、さらに小型の銘柄にまで手が広がるかどうか、が、ポイントだろう。

各メディアで活躍中! 株式アドバイザー堀篤が綴る『兜町発信! 情報通の早耳コラム』はこちらから↓
http://jst-trade.jp/show_page.html/view/lp02/mediaCode/min2
ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 調整後は、テーマ別の物色に!