今週は、高値圏での先高期待と高値警戒感との綱引きへ

今週は、高値圏での先高期待と高値警戒感との綱引きへ
・・・アメリカの経済指標に注目しながら20000~20500円の動きを想定・・・

<先週は、日経平均は2万円台回復して、6連騰で引ける>
 先週は、25日移動平均線を下値に2万円を意識した動きへとしました。心配してきた5月相場は弱いという経験則も、今回は2015年3月期の決算発表がほぼ終わり、PERが16倍台に低下し、配当利回りも上昇に転じているため割高感が無くなり、下値は限定的になっているとしました。
 
 結局、4月下旬からの調整局面もゴールデンウィーク明けの7日(木)に19257円の安値をつけると、良好な需給もあって下値を切り上げる動きとなりました。海外でギリシャ問題から金利が上昇する場面もありましたが、それが落ち着くと世界的株高という環境になり、先週の日経平均は18日(月)に△157円の19890円と25日移動平均線を軽くクリアーすると、19日(火)は△136円の20026円と4月2日以来の2万円台を回復しました。更に、アメリカで強い経済指標を受けて景気の先行き見通しが明るくなったとしてドルが買われ、一気に120円台後半の円安となったことで、20日(水)は△170円の20196円と3日連続で3ケタの上昇となりました。その後、短期の急騰で高値警戒感が出るものの、押し目買い強く21日(木)は△6円の20202円、22日(金)は△61円の20264円と6日連続の上昇で引けました。
 
 22日(金)の日本市場の引け後のアメリカでは、4月の消費者物価指数が予想を上回り、イエレン議長が景気の改善が続けば年内の利上げを行うことが適当であるという発言をしたことで、早期利上げ観測が高まり、NYダウは▼53ドルの18232ドルと反落しました。しかし、為替が一時1ドル=151.57円と3月中旬以来2ヶ月ぶりの円安更新となったことで、シカゴの日経先物は20365円となっていました。

<今週は、アメリカの経済指標を横目に20000~20500円の高値圏でのもみあい>
 今週も需給関係が良好で先高観は強いものの、短期の過熱感や高値警戒感もあり、20500円水準が目先の上値ポイントとなります。チャート上は、当面は遅かれ早かれ2000年4月12日の20833円を目指す流れといえます。但し、先物や年金マネー主導の相場ですので、今週から来週にかけてはアメリカの経済指標の動きとそれに連動する為替相場が注目となります。先週末にFRBのイエレン議長が経済指標の改善が続けば年内の利上げを明言しており、再来週の5月雇用統計と今週のいくつかの経済指標の結果が気になるところです。経済指標がよければ早期利上げ観測が高まってドルが買われ、日米金利差拡大から一段の円安となり、日本の株式市場にはプラスになります。一方、今のところアメリカでは経済指標の改善はアメリカ景気の回復としてドル高・株高となっていますが、このドル高が一定の高さを超えると金利上昇となって株が売られることになります。その場合、このまま日本株が上昇し続けることができるかどうかは難しいところです。
 但し、日経平均の上昇が止まれば出遅れ株の個別物色という可能性が出て、6月には政府による成長戦略への期待も高まりやすいので、テーマ(自動運転、次世代医療、女性の活躍、地方創生など)に沿った銘柄の物色が出てくるかもしれません。

 本日25日(月)は、昨日の欧米株式は軟調ながら為替が3月中旬以来2ヶ月ぶりの円安水準になっていることで輸出関連株中心に買われ、△149円の20413円と7日続伸で引けました。

出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、高値圏での先高期待と高値警戒感との綱引きへ