データで読む、5月中盤以降の日経平均!

5月6月には、ある特徴が・・・

 今年は、日経225ミニなどの「インデックス連動もの」で利益を出す人が多い。そんな中で先週は、日経平均株価が年初来高値を抜けてきた。さして良いニュースが見当たらない中、これをどう捉えれば良いだろうか?この動きに乗るべきかどうか・・・。

 今回は、ここ10年間の月次データから作戦を見出してみよう。

 下表は、上の青い部分が過去10年間、下の緑の部分が過去3年間の日経平均株価のデータだ。上昇した月を勝、下落した月を負、変動率は(高値-安値)÷前月終値、上昇率は月初と月末の比較(-は下落)、高値上昇率は、月初から月中高値までの上昇率を意味している。

hyo

 この表を見ると、5月はここ10年間、3年間、ともに、月末までに下落していることがわかる。しかし、高値上昇率は決して低くはないので、高値は結構行くのだが、途中から月末にかけて下落してきたことを意味している。つまり、5月は「途中まではそこそこ上がるが結局下がる」月になっている。

 一方、6月は、さらに特殊な傾向が出ている。ここ10年間の勝率は、12月に次ぎ、7勝3敗と年間で2番目の高さを誇っている。しかし、上昇率は、ここ3年では年間で6番目、10年間では7番目にすぎない。そもそも、月間の変動率はここ10年では最も低い月だ。簡単に言えば、6月は「堅く上昇するが、幅は少ない」月だと言える。

 こういった傾向の原因は、大きくは二つあるだろう。一つは、5月の「Sell in May」と言われるヘッジファンドの解約に端を発するアノマリーだ。また、このことが個人投資家にまで浸透したことも、動きに拍車をかけているかもしれない。
 
 そして、最近の6月は、政府の成長戦略などの発表時期に当たっていることが関係しているだろう。様々な情報のリークなどにより、成長戦略の発表までは、色々と盛り上がる傾向があるものの、発表されてしまうと、それで材料出尽くし、あるいは、その発表内容に対する失望感が、市場に漂ってくる。

 つまり、毎年繰り返される5月~6月のパターンは、決算発表・・・ヘッジファンド売り警戒・・・成長戦略期待・・・材料出尽くし(もしくは失望)という一連の動きだ。

 これらのデータを重視するなら、5月は高いところで売り、6月はもう一勝負できるが、大きく動かなければ、さっさと撤収、となる。そして、ここ10年、決して実績は良くない7月8月を迎えることになる。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> データで読む、5月中盤以降の日経平均!