相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(1820)西松建設

 四季報2015年春号によると、受注3400億円(前期比6%増)へ増額。手持ち順調消化、粗利率改善し営業大幅増益。特益。16年3月期も建築、土木ともに手持ち工事は高水準。土木中心に粗利率改善。有証売却特益見込まず。
5月3日決算発表。2015年3月期は増収増益で上方修正。
2011年11月9日の115円を安値にアベノミクス相場にサポートされて11月15日の125円で買転換となり、中長期の上昇トレンド(A)を形成しています。この中で2014年3月20日の298円を安値に急角度の上昇となって8月28日の577円まで上昇し、ここで当面のピークとなりました。ここから10月14日の436円まで下げたあと10月29日の550円まで戻すものの2番天井となって再下落し、下向きの先細三角形(B)の下げとなりました。この中で今年の3月30日に411円まで下げて底打ちとなり、もみあったあと5月12日に445円で買転換となって下向きの先細三角形からの上放れの形となっています。

1820西松建設

(4611)大日本塗料

 四季報2015年春号によると、増税影響長引き、建築・建材塗料が想定以下。営業小幅減益。退職給付制度終了特益。16年3月期は主力の建築・建材塗料が復調。五輪需要も徐々に出る。メキシコの自動車部品向け加わる。上向く。
5月13日決算発表。2015年3月期は増収増益で上方修正。2016年3月期も増収増益見通し。増配と自社株買いも発表。
2011年2月8日の134円を高値とし、3月11日の東日本大震災直後の3月15日の62円を安値とする大底圏での三角保ち合い(A)の煮詰まってきた中で、2012年11月15日の82円を安値にアベノミクス相場がスタートし、それにサポートされて12月19日に100円で買転換となって三角保ち合いを上放れて急騰、2013年3月15日に198円の高値をつけました。ここをピークに調整入りとなり、6月7日の119円まで下落したあと9月11日の188円まで上昇して戻り高値をつけ、119円を安値とし188円を高値とする三角保ち合い(B)となりました。この中で2014年10月17日の139円を安値に反発し、160円を挟んでもみあっていましたが、今年の5月13日に業績の上方修正を受けて171円で上放れとなりました。

4611大日本塗料

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!