25日移動平均線を下値に2万円のフシを意識した動きとなるかどうか

<先週は、5日線と25日線の往来相場>
 先週は、5月8日(金)のアメリカの雇用統計の結果によっては、25日移動平均線を割り込んでいる日経平均の次の下値ポイントを探る展開となるところでしたが、雇用統計の改善を受けてNYダウが△267ドルの18191ドルの大幅上昇となり、シカゴ日経先物が19655円となっていたことで、逆に25日移動平均線を回復できるかどうかが注目点となるとしました。その理由は、25日移動平均線を下回ったままでいると、上向きできていたが横向きとなり、更に下向きになると本格的な調整となる可能性が高いからです。

結果的に、週明けの11日(月)は△241円の19620円の大幅高となり、13日(水)は△139円の19764円となって25日移動平均線をわずかに回復しましたが、先物主導で指数のみが上昇したことで、持続は疑問でした。翌日の14日(木)は、為替が円高に振れたのをきっかけに大幅反落となって▼194円の19570円となりました。しかし、引け後の欧州でECBドラギ総裁が資産買い入れプログラムを完全実施すると明言したことで長期金利上昇懸念が後退し欧州株高となり、続いてアメリカ市場も経済指標が冴えないことで利上げ観測が後退し、株が買われてNYダウは△191ドルの18252ドル、S&Pは△22Pの2121Pと史上最高値更新となりました。これを受けて15日(金)の日経平均は△162円の19732円となって、25日移動平均線(15日時点19778円)に接近して引けました。

<今週は25日線を突破し、2万円を意識した動きへ>
 先週の日経平均は、週初めはアメリカ株高を受けて順調な滑り出しで13日(水)は4月28日以来の25日移動平均線を終値で上回る場面もありましたが、ギリシャ債務問題から一時的に世界的な国債利回り上昇や欧州株の下落したことから1日で終わり、上値の重い展開でした。但し、下値では週明けに5日移動平均線を上回ってからは、5日線と25日線の間での日柄整理の動きとなりました。15日(金)時点では、5日線は19662円、25日線は19778円となって25日線に接近して引けました。

 15日(金)のアメリカ市場では、シカゴ日経先物が19795円と25日移動平均線を上回っており、今週の日経平均は25日線を突破して2万円を意識した動きが想定されるところです。その要因としては、20日に1~3月期の実質GDPが公表され、市場では2四半期連続のプラス成長となるとの予想が多いこと、又決算がピークを過ぎて増配や自社株買いなど積極的な株主還元策を実施した企業の再評価の流れが続く可能性があること、投信の設定への期待などです。

 下落要因は、欧州では引き続きギリシャ問題がありますが、ひとまず一服しており、アメリカのヘッジファンドは5月末決算がありますが、45日ルールも通過したとの見方もあり、下値は限定的といえます。心配してきた5月相場は弱いという経験則も、今回は2015年3月期ベースで18倍だったPERが決算発表が進み、2016年3月期ベースに切り替わるにつれて16倍台に低下し、又配当利回りも上昇に転じているため割高感が改善し、そのため下値が限定的になっていると考えられます。

 本日の18日(月)は、欧米金利上昇による警戒感も一服し、ほぼ25日線と接する△33円の19766円で寄り付くと円のやや弱含みを受けて大型株中心に先物の買いを支えて上げ幅を拡大し、後場には本日の高値圏で推移し△157円の19890円で引けました。4月28日以来約3週間ぶりの高値となりました。

出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 25日移動平均線を下値に2万円のフシを意識した動きとなるかどうか