相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(7721)東京計器

 四季報2015年春号によると、官需繰り延べ響き、防衛、流体機器など期末追い込みならず。営業益は会社想定並みに減額。16年3月期は防衛、流体機器など前期の官需ずれ込み分が復活し寄与へ。船舶港湾機器、国内向け油空圧機器が堅調持続。営業益底打ち、反転増。
4月27日決算発表済。2015年3月期業績の上方修正と期末一括配当の増額発表。
2012年10月10日の114円を安値に11月中旬からのアベノミクス相場のスタートにサポートされ、10月28日に140円で買転換となって上昇トレンド(A)を形成しました。この中で2013年11月27日の324円を当面の1番天井、2014年3月5日の321円を2番天井として5月21日の212円まで下落し、その後三角保ち合い(B)となりました。この三角保ち合いが煮詰まったところで、11月17日の258円を安値に上放れとなるものの、今年の1月8日の309円まで上昇したあと調整となって4月1日の261円まで押し目を入れました。現在、ここからの反発となっているところです。

7721東京計器

(4631)DIC

 四季報2015年春号によると、インキ、精密化学品は海外が牽引役。ポリマー、好採算の応用製品が内外で拡大。会社計画は1ドル=110円、原料ナフサ安織り込まず、増額余地。土地売却等特益172億円は合理化特損で一部減殺。
・2015年12月期業績見通しは増収、増益。
・設定為替レート1ドル=110円で先々の円安進行。
2012年11月14日の129円を安値にアベノミクス相場にサポートされて、11月22日の148円で買転換となり、上昇トレンド(B)を形成しました。この中で、2013年11月26日の328円まで上昇。その後調整入りとなり、短期の下降トレンド(C)となって10月17日の204円で底打ちとなりました。現在、この204円からの上昇トレンド(D)を形成しています。チャートの形としては、10月17日の204円から12月8日の306円までの1段上げ、12月16日の273円から3月13日の359円までの2段上げ、となって4月1日の335円までの押し目を入れ、3段上げとなるかどうかというところです。どうなるか、決算発表待ちのところです。

4631DIC

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!