2015年5月1日時点での主要市場見通し

花の一里塚~市場見通しサマリー

2015年5月1日時点での主要市場見通し

hyo

基本シナリオと見通し数値について

引き続き、長期シナリオとしては、内外経済の緩やかな持ち直しに伴い、主要国の株価、長期金利、外貨の対円相場が、上昇基調にある、という考え方を変えない。したがって、たとえば現時点と今年末で、どちらが内外株価、長期金利、外貨相場が高いかと言えば、今年末である可能性が高いと予想する。ただし、前号でも指摘していたように、一旦世界市場に波乱が引き起こる展開を見込んでいる。その波乱は、主として米国発であると考えているが、米国経済に深刻な悪化が生じるとは考えていない。波乱の主因は、「米国一人勝ちシナリオ」の行き過ぎに対するちゃぶ台返しであり、特に米連銀の利上げを口実とした米長期債価格の大幅な下落と、それが世界市場に与える悪影響である。投資姿勢については、前号の記述をそのまま繰り返したい。「衝撃に備える投資姿勢が適切であろう。短期的な目先の利益を欲張らず、一旦現金比率を高めることも一つの手段だ(波乱の正確な時期、程度、波乱に入る前の株価等上振れの有無など、不透明要因が多いので、空売りを積み上げることは薦めない)。」

具体的な予想レンジの修正については、2015年6月末までの予想については、本来は予想期間末までの時間が短くなっている(6月末まであと2か月しかない)ため、一律に予想レンジの幅を狭めるところだ。しかし、迫っている(あるいは既に始まりかかっているかもしれない)世界市場の波乱の程度が、全く読みにくい。このため、今回は、国内10年国債利回りのレンジを狭めるにとどめ、他資産については据え置きとする。

すなわち、2015年6月までの予想レンジを、前号(4月号)から次のように修正した(下線太字部は変更箇所)。
日経平均株価(円) 16500~21000 ⇒ 変更なし
10年国債利回り(%) 0.25~1.0 ⇒ 0.25~0.7
米ドル(対円) 105~122 ⇒ 変更なし
ユーロ(対円) 127~145 ⇒ 変更なし
豪ドル(対円) 88~115 ⇒ 変更なし

2015年12月までの予想レンジについては、修正は全くない。こちらも、目先の波乱がどの程度進むかがわからないと、年後半の相場の「発射台」のメドがつかない。年後半の予想レンジの修正は、次号6月号か、7月号で行ないたい。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 2015年5月1日時点での主要市場見通し