アラジンと魔法のランプ

・投資のゴールは金持ちになることだけなのか? 

劇団四季がディズニー提携のミュージカル「アラジン」を公演する。ディズニー・バージョン、劇団四季バージョンの結末は知らないが、子供の頃、絵本などで読んだ「アラジンと魔法のランプ」の結末は、魔法のランプを取り返したアラジンが、美人の妻と幸せに暮らすところで終わるようになっていたかと思う。いわゆる、And they lived happily ever after、そして2人はいつまでも幸せに暮らしましたとさ、という結末だ。子供の頃の私は、夢の中でそういった「魔法のランプ」を手に入れ、何とも幸せな気分に浸っていた。

ところで、あなたは何でも叶えられる「魔法のランプ」で幸せになれると思えるだろうか? 私が想像するには、まず美人の妻が「魔法のランプ」を欲しがるようになると思う。アラジンが「魔法のランプ」に叶えてもらった豊かで幸せな家庭が、妻にとっても理想的な家庭だとは限らないからだ。子供たちができれば、子供たちが「魔法のランプ」で、親に逆らってでも、何でも叶えようとするだろう。

共産主義社会が理想の社会だと思われていたことがあった。私はここで、政治や主義主張を述べようとは思わないので、共産主義を「魔法のランプ」としておく。つまり、それさえ手に入れれば、あなたの望む、理想的で幸せな社会が叶えられるのだ。ここでのポイントは、あなたが望む理想だということだ。もしかすると、あなたの理想は万人の理想ではないかもしれない。多数派の理想ですらないかもしれない。

共産主義社会をつくるのは人だ。先頭に立つのは権力者だ。あなたが権力者で、理想の社会をつくる能力があるのなら、少なくともあなたの周りの人々はすべて、今現在、幸せで満ち足りた人生を過ごしているに違いない。これは、共産主義だけには限らない。政治家や官僚、企業経営者、教育者など、すべての権力者が心に留めておくべきことだ。

大金は「魔法のランプ」に似ている。大金を得れば、何でも叶えたくなる。あなただけが大金を使う権限を持ち、周りを支配すれば、少なくとも周りの人々は、あなたから信頼されていないと感じるようになる。権限を分配すれば、それぞれがそれぞれに自分の欲望を何でも叶えようとする。

何を食べるかよりも、誰と食べるかの方がより幸せになれる。楽しい食事なら、何を食べてもそれなりに美味しい。しかし、信頼関係がない人との食事は、それほど楽しくないかも知れない。大金は人生を複雑にする。

「魔法のランプ」は魔物だ。その後のアラジンは、いつまで幸せに暮らせたのだろうか?

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> アラジンと魔法のランプ