アジアインフラ投資銀行問題の行方と含意、米国は屈辱からどう出るか?

目 次

(1) 覇権国米国の初めての屈辱

(2) 中国のAIIB創設提案が成功した理由

(3) 何故中国はAIIB創設を意図したのか

(4) 米国の今後の対応、対中政策が大きく変わる可能性

(5) 中国はAIIB設立の目的を達成できるか

(6) 日本に対する影響を考える

ミラー
武者リサーチのミラーです。こんにちは。今回は、アジアインフラ投資銀行に51ヵ国・地域が参加した問題について考えてみたいと思います。米国がボイコットを呼びかけてきた中、欧州G7も参加するということで、大変意外な展開です。

(1) 覇権国米国の初めての屈辱

武者
そうですね。今、非常に大きなホット・トピックはこのアジアインフラ投資銀行(AIIB)をどう考えるかということだと思います。ここまで世界各国が参加するということは誰もが想定できなかったことです。今回はAIIBの展開をどう理解すればいいのかということを少し考えてみたいと思います。

端的に言って、アメリカの中国に対する政策は、Engagement and Hedging、つまり関与と防御という二つの戦略を交互に活用しながら対応してきたと思います。このEngagement and Hedgingというアメリカの中国に対する対応の中で、中国が提唱したアジアインフラ投資銀行に対するアメリカの対応は、どちらかというとEngagementではなくて、Hedgeと言いますか、それはむしろ排除しようとする動きを当初から採っていたと思います。

ところがここに来て、アジア諸国だけでなく、何とG7の中でもヨーロッパの全ての国、アメリカの最も重要な同盟国であるイギリス、それからドイツ、フランス、イタリア。これらが全部参加する。何と、アメリカにとって更に重要な同盟国であるイスラエルまでもが参加するということで51ヵ国地域の参加が明らかになったことによって、中国を抑え込もうとするHedge政策は、見事に失敗したと言っていいと思います。これは、アメリカの外交にとっては大きな屈辱と思われます。アメリカのリーダーシップが損なわれ、中国の新たな秩序作りが成功したということによって、一見中国がずっと前からアメリカに求めていた新型の大国関係、つまり、アメリカと中国、2大大国、G2が世界の秩序を担うという主張――これまでアメリカはそれを認めてこなかった訳ですけれども、事実上それを認めざるを得ないという状況になってしまった。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> アジアインフラ投資銀行問題の行方と含意、米国は屈辱からどう出るか?