新潟農業とイノベーション・ジレンマ(その2)‐産地間競争の優位は揺らぐか?‐

新潟農業は3つの危機に直面している。コメは産地間競争、水田のビッグ・イノベーション、政府保護システムの破綻が進行している。新潟の農家はコメ・モノカルチャー構造のもとで醸成された経営感覚の遅れが問われる時代になった。
前回論文では規模拡大の遅れを指摘したが、今回は品種開発等の産地間競争を中心に新潟農業の問題点を分析したい。産地間競争の活発化は国際競争力向上、TPP対策になろう。

1、コメの品種開発競争
 ‐新ブランド米登場‐

 新ブランド米が続々登場している。日本穀物検定協会の食味ランキングによると、最高ランクの「特A」を獲得した銘柄米が近年増えている。特Aランクは2000年(平12年)には11銘柄に過ぎなかったが、2010年は20銘柄、2014年は42銘柄に増えた。特に2011年(平23年)から北海道、九州で顕著な増加が見られる(表1参照)。

 中でも、2011年(平23年)にデビューした北海道の「ゆめぴりか」の評判が高い。相対取引価格は玄米60kg当たり、2015年2月1万6147円である。全国全銘柄平均1万2044円に比べ、4100円(34%高)も高い(表2)。

 山形産「つや姫」も強い(2010年特Aランク入り)。相対取引価格は1万6419円である。全銘柄の中で、一番価格が高いのは新潟産「魚沼コシヒカリ」1万9389円であるが、2位は「つや姫」、3位は「ゆめぴりか」である。新潟産コシヒカリ(一般)は1万5561円であり、「ゆめぴりか」や「つや姫」は魚沼コシを除く新潟産コシヒカリより高い評価になっている。「新潟産コシヒカリ」の地位が揺らいでいるように見える。

 なお、平成26年産米は過剰供給で価格が暴落しているが、高価格帯米は価格下落率が小さい。ブランドを形成していると考えられる。平成26年産米の価格は、2015年2月は全銘柄平均で前年同月比16.9%の下落である。これに対し、「つや姫」△1.5%、「ゆめぴりか」△7.1%、「魚沼コシヒカリ」△7.1%と価格下落率が小さい。

★表1 食味ランキング〝特A”ランク点数

★表2 銘柄別の価格、特A獲得年

◇販売戦略
 高価格は食味の良さからだけ来ているのではない。販売戦略も効いている。「ゆめぴりか」は品質基準が設定されており、基準を満たしたコメだけをゆめぴりかの名前で販売する。毎年25%が基準外になり、ブレンド米の原料に回る。品質管理は厳しい。

 また、「ゆめぴりか」の生産は北海道内に限定されている。ホクレンは種子を他県に渡さないだけではなく、道内でも上川・空知地区に限定している。山形生まれ「つや姫」が全国各地で生産されているのと対照的である。全国で生産量を増やし、「つや姫」の知名度を上げる戦略である。

 じつは、最高級ブランドである新潟産「魚沼コシヒカリ」も、高米価維持のため「量を絞る」動きがある。高所得層が減って、高いコメが売れ残ることがあるからだ。その場合、売れ残りを防ぐため、価格を下げて売るケースも出てくる。卸流通から「価格を下げず、量を絞ってくれ」と要望があるようだ。
 コメ余りの時代である。供給を抑制的にすることが、ブランド維持につながっている。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 新潟農業とイノベーション・ジレンマ(その2)‐産地間競争の優位は揺らぐか?‐