相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6703)沖電気工業

 四季報2015年春号によると、ブラジルATM買収で営業益35億円減。ただプリンタの人件費削減寄与。為替差益減。16年3月期は公共大型案件減るがプリンタやEMSが補う。ブラジルは工場の生産性改善で赤字縮小。営業益続伸。
ゴールドマン・サックスが1月20日付けで目標株価の280円を継続。更に2月19日付けで300円に引き上げ。ATM(現金自動預払機)の利益成長と中国でのATMの成長が予想を上回る。
2012年4月26日の140円からの下降トレンド(A)の中で、11月13日に69円で底打ちとなり、ここからアベノミクス相場にサポートされ、12月13日に89円で買転換のあと2013年5月23日の248円まで一本調子の上昇となりました。ここを目先のピークに調整となって6月7日の162円、8月29日の162円とダブル底をつけて反発し、2014年1月16日には285円の高値をつけました。ここから5月21日の185円まで下げて三角保ち合い(B)を形成していましたが、この中の煮詰まったところで11月18日の224円、今年の1月6日の228円と2点底をつけて三角保ち合いを上放れし、3月10日に272円まであって、現在押し目をつくっています。昨年の10月7日の272円、3月10日の272円とダブル天井の形となっていますが、押し目が浅くここを突破すると一段高の形といえます。

6703沖電気工業

(5707)東邦亜鉛

 四季報2015年春号によると、円安で亜鉛製錬カサ上げの反面、ドル建て借入金に為替差損懸念。会社数字に着地。16年3月期も海外有力鉱山の閉鎖で亜鉛市況しっかり。豪ラスプ鉱山に下期黒字化の展望。資源が均衡線へ浮上。
10~12月期経常益は39%増の23.7億円。3Q累計の通期進捗率は100%。
2012年8月7日の233円を底値に、(A)→(B)→(C)と下値を切り上げる上昇トレンドとなっています。この上昇トレンド(C)の中で、2014年8月5日の516円の高値をつけたあと、買われ過ぎからの大きな調整となって10月17日の337円まで下落しました。ここを安値に12月24日の415円まで反発し、再下落となって2番底確認の動きとなり、今年の1月16日に342円の安値をつけて、反発しているところです。
多少時間はかかっても水準訂正してくるものと思われます。

5707東邦亜鉛

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!