日経平均の2月高値更新

「日経225種平均(以下日経平均) が、2007年7月の高値18,261円をついに更新した」ということが大きく新聞で報道されております。この報道について、今回はコメントさせていただきます。

まず、なぜ前回の高値を更新することが大事なのか、ということです。

チャート分析(株価推移のグラフの分析)では、「前回の高値を更新すると上昇スピードに勢いがついている表れである」と、一般的には言われております。なぜでしょうか。スパークスのような個々の企業分析に基づき投資の意思決定をする者からすれば、指数が高値を超えてもそれほど重要であるとは思いませんが、実際の投資活動においては意味があります。前回の高値を超えたということは、約8年前に日本株を購入し保有を継続していたことを前提とすると、当時株を購入して損をしていた人の損が減少し、利益が出てくる水準になってきたということを表しているからです。前回の高値近辺では、損失を少しでも解消しようと売りたい人が増加し、なかなか高値を超えるのが難しいのです。だからこそ、そこを抜けたということは、売りたい人の圧力を超えるほど買いたい人が多かったことから、高値が更新されたということです。高値更新は株式市場の雰囲気がよくなるだけというだけでなく、このような人間行動を表すものであり、チャート分析とは人間の過去の投資行動を分析したものと考えれば、それなりに意味があると思います。

もう1つの側面は、日経平均が高値を更新したからといって本当に市場全体で売り圧力が減り、上昇の勢いが増すのか、というポイントです。

以下のグラフをご参照ください。日経平均の線が青、そして、ドル建ての日経平均がオレンジ、TOPIXという日経平均よりも幅広い東証一部上場銘柄がすべて含まれる株価指数の動きが緑です。

maiko105-zu

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 日経平均の2月高値更新