名実ともに3月相場入りで、需給関係は良好

名実ともに3月相場入りで、需給関係は良好
・・・過熱感を冷やしながらも、上値を目指す展開へ・・・

<先週は、前週からの上昇が継続し、週末は18900円に迫る動きへ>
 前週末の20日(金)に、ユーロ圏の財務相会合で今月末に期限を迎えるギリシャに対する金融支援策を4ヶ月延長することで合意したことを受け、NYダウ、S&Pは史上最高値を更新しました。これを受けて週明けの日経平均は上昇が続き、24日(火)には△136円の18603円と18500円を上回り、その後も過熱感や高値警戒感が高いなか年金資金とみられる買いが入り、海外勢とみられる資金流入が観測されました。25日(水)に▼18円の18585円と小反落しただけで押し目らしい押し目なく、26日(木)は△200円の18785円、更に週末の27日(金)は一時18865円と18900円に迫る動きとなり、終値では△12円の18797円で引けました。

<急上昇の背景に、海外投資家の資金が流入>
 これまでの予想で、18000円のフシを上に抜いても2007年の高値18300円水準では上値を押さえられることを想定し、アベノミクスの再評価で外国人買いが買ってくる場合のみ上値を目指すことができるとし、2月の初めまでは外国人の売り越しが続いていたため(但し、先物は大量に買っていました)、18300円水準では一旦止まると考えていました。

 ところがここにきて、好調な企業収益と年金基金などの買いを背景に、海外投資家が2月第3週(16~20日)の1週間で先物と現物の合計で1兆1223億円と買い越して株高を牽引しているのがわかりました。日銀の追加緩和直後の昨年の11月第1週以来の規模となっています。いつまで続くかわかりませんが、ゴールドマンサックス証券は26日付のレポートで15年末の日経平均を21700円と現状より16%高い水準に引き上げており、外国証券の日本株への見直しが始まっているようです。

<3月相場入りで需給は良好…今週は高値圏でのもみあい>
 今週は、高値圏でのもみあいが想定されるところです。上述した様に国内景気や企業業績の改善期待が高まり、これまでの日銀のETF買いや年金資金の買いに海外投資家の買いが加わり、先高観が強くなっています。但し、目先は騰落レシオが140%を超えてくるなど過熱感を示すテクニカル指標も出ており、売り買いが交錯し一進一退となる展開が想定されます。
 騰落レシオに関しては過熱感が出ているものの、この指標は、過熱圏に入ったあと1ヶ月近く過熱圏で推移するという経験則もあり、すぐに下落に結びつくとはいえません。基本的には、大きな下落があれば押し目買いのチャンスとなりますが、その場合に25日移動平均線(2日18006円)近辺までの下げとなれば、値幅調整となって絶好の買い場ですが、今のところ需給から考えてもそこまで下げる可能性は少ないようです。むしろ、もみあって日柄調整を経て再上昇するというパターンになる可能性が高いといえます。

 今週から名実ともに3月相場入りで期末要因を意識した需給相場になってきます。3月期末の株価を意識した動きや、3月期末の配当を狙った売買となって、下げれば押し目買いが入る展開となりそうです。本日2日(月)は、119円台後半の円安を材料に一時△139円の18939円まで上昇するものの、高値警戒感も強く乱高下となり、△28円の18826円で引けました。

出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 名実ともに3月相場入りで、需給関係は良好