相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6796)クラリオン

 四季報2015年新春号によると、純正カーエレは国内で増税響くうえ、大口北米顧客向けが端境期。ただ、北米や中国で日系高級車向けが順調増。粗利よい車載カメラも好調。復配も。16年3月期は海外で新規受注貢献、カーエレ伸びる。
2月3日決算発表。前期見通しと変わらず。
2012年10月9日の109円を安値に、2013年5月22日の183円を高値とする大底圏でのボックス相場となって、アベノミクス相場にも反応していませんでしたが、2014年2月4日の130円を安値に業績急回復となって急騰し、9月30日に488円の高値をつけました。ここをピークに好業績を織り込んだ後の下落となって、下向きの先細い三角形の下げとなっていました。この中で、10月31日の346円、今年の2月2日の337円と2点底をつけて反発し、2月17日に387円で買転換となっています。

6796クラリオン

(5851)リョービ

 四季報2015年新春号によると、徐々に印刷機に統合効果。が、主力のダイカストは北米活発の反面、中国、タイが想定以下。住建機器も人民元高響く。会社数字強め。支払金利増える。16年3月期は国内不透明でも、中国の勢い戻る。
1月30日の決算発表で、10~12月期経常益は45%増の25億円。通期を従来比10%増に上方修正。
2012年10月3日の141円を底値に11月2日に177円で買転換となり、この月の中旬スタートのアベノミクス相場にサポートされて上昇トレンド(A)を形成しました。この中で、2013年10月2日の480円の高値をつけて当面のピークとなり、2014年1月21日の454円を2番天井にして本格調整入りとなって、上昇トレンド(A)を下に切りました。その後4月11日の281円の安値をつけて反発となり、6月19日の360円まで上昇後、再下落となって10月17日の278円まで下落、三角保ち合い(B)となっていました。この三角保ち合い(B)が煮詰まったところで2月19日に332円で買転換となって、上放れの形となりました。昨年の6月19日の360円を終値で抜けると、281円、278円のダブル底が確定しますので、一段高の形となります。

5851リョービ

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!