新潟農業とイノベーション・ジレンマ‐大変革か衰退かの岐路に立つ‐

経営学の世界的ベストセラーにクレイトン・クリステンセン著『イノベーションのジレンマ』がある。過去の成功体験が自己変革の足枷となり、競争力を失っていく危険を指摘した書である。新潟県は日本一の米どころである。良質米コシヒカリは価格も高く、新潟の農家は潤ってきた。しかし、コメ過剰、米価下落の今日、新潟の農業はクリステンセン仮説の危機に直面している。本稿は新潟農業に対する問題提起である。

1、新潟農業の概要(予備的考察)

 新潟県は日本一の米どころである。全国の米生産の8.3%を占め、不動の第1位である。しかし、農業生産額全体では県別ランキングの上位5位に入れない(表1)。また、主要な作物別に見ると、米以外では新潟県の名前を見ることができない(表2)。新潟県は米(コシヒカリ)に特化した農業である。農業産出額に占める米の割合は61%を占める。特に越後平野は水田単作地帯で、米モノカルチャー農業と言っても過言ではない。

★表1 都道府県別の農業産出額

★表2 都道府県別の作物生産額ランキング

 農家の経営耕地規模は、越後平野は2-3haが多く、都府県の1ha程度に比べ大きい。土地条件に恵まれていると言えよう。ただし、中規模農家が多く、大規模農家への土地集積はトップランナーではない(後述参照)。

◇新潟産コシヒカリの価格競争力
 もう一つ特筆すべきことは、米の価格競争力の強さである。新潟は自然条件に恵まれ、良質米の産地として有名である。コシヒカリの製品差別化に成功し、米価が高い。平成15年(2003年)4~6月当時、ブランド米の魚沼産コシヒカリは60㌔当たり3万3000円で取引されていた(同じ新潟産一般コシヒカリ2万1368円)。宮城産ひとめぼれ1万8172円、秋田産あきたこまち1万8663円、山形産はえぬき1万8846円より、約80%も高値であった。
 
 米価はその後、市場の需給を反映し、一進一退を繰り返しながら下落傾向をたどるが、新潟産は相対的に高価格を維持している。平成26年産(9~12月平均)は、過剰供給のため全国全銘柄で3割前後の価格下落が見られるが、新潟産の値下がり率は比較的小さく、15%程度の下落率で済んでいる。しかし、それでも、魚沼産も初めて2万円を切った。ただし、他産地との価格差は依然大きく、魚沼産は全銘柄平均に比べ59%も高値である(新潟産一般コシヒカリは26%高)。

★表3 銘柄別の米価比較(相対価格、平成26年産)
 
 以上の事実から、二つのことが指摘できる。
 1、新潟の良質米は製品差別化に成功し高い価格で取引されている。特に魚沼ブランドは然り。
 2、しかし、米の過剰供給傾向の下、新潟産米も価格下落が避けられない。(魚沼産も平成26年産は平成15年産に比べ4割も値下がりした)。
   

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 新潟農業とイノベーション・ジレンマ‐大変革か衰退かの岐路に立つ‐