今週は、円安基調ながらイベント多く、高値圏でのもみあい

<先週は大きな上下動となるが、レンジ内の値動き>
 先週の予測では、下値も上値も限定的な値動きを想定し、企業決算を受けて個別株物色の動きになるとしました。結局想定通り、原油価格や欧米株式の動向に振られる形となって連日の3ケタの上下動の動きとなりました。しかし、前週と同様に17500円±300円ぐらいのレンジでの推移となりました。
 週前半は、アメリカの10~12月期のGDPが予想を下回り国内の国債入札の結果が低調になったことで、先物主導で3日(火)には17271円まで下落しました。しかし、4日(水)には原油価格が1ヶ月ぶりの高値でNYダウが連日の大幅高となったことで、日経平均も△342円の17678円と反発しました。5日(木)にはギリシャ懸念や円高の重しから▼174円の17504円と反落し、週末6日(金)には、原油高とアメリカ株高で△143円の17648円で引けました。結果的には大きな上下動を繰り返したものの、終値では前週末より26円下落したに過ぎませんでした。そして、決算発表を受けて個別株物色になるとしましたように、例えばソニーが急騰、日立が急落といった風に業績発表を受けて明暗がはっきり分かる相場となりました。

 海外要因で注目するのは、1月のアメリカ雇用統計であり、予想を上回れば早期利上げ観測が台頭し、ドル高・円安へ振れる可能性があるとしていました。6日(金)の日本市場の引け後のアメリカ市場では、1月の雇用統計が発表され、失業率はやや悪化(予想5.6%→5.5%)したものの、非農業部門雇用者数が予想の22.8万人を上回る25.7万人となったことや、平均時給も予想の0.3%を上回る0.5%となったことで、早期利上げ観測が台頭(6月のFOMCでの利上げ観測)し、ドルが119.22円まで買われ(引けは118.93円)、NYダウは▼60ドルの17824ドルの反落となりました。シカゴ日経先物は大幅な円安となったことで、△150円の17810円でした。

<今週は、円安基調ながら高値圏でのもみあい>
 今週は、先週末のアメリカの雇用統計が予想を上回ったことでFOMCでの6月の金利引き上げ観測が台頭し1ドル=119円台の円安となり、シカゴ日経先物は△150円の17810円となりました。週初めは買い先行が予測されるものの、チャートからは17800円水準から上値は重く、高値圏でのもみあいとなりそうです。
現時点では、17000~18000円のボックス圏の動きとなっており、18000円水準では三尊天井を形成しており、ここを突破するには何か材料が必要といえます。アメリカの早期利上げ観測によってドル買い・円売りの動きとなって円安が進んでも、NYダウが利上げを織り込む形で大きく下げると、日本株は「ニューヨーク離れ」となりにくいといえます。その理由は、もしNYダウが大きく下げてファンドが損失を受けると、損失補填で日本株を売ってくることが考えられるからです。  そういう観点からみると、日米金利差拡大による円安は日本株買いには直結しない可能性があります。もちろんアメリカ株式の下げが限定的であれば、円安による日本の輸出企業の業績上振れ期待から日本株式が買われる局面があるかもしれませんが、上値は限定的(最大で18200円水準)だといえます。マイナス材料としては、ギリシャの債務問題やイスラム国、ウクライナなどの地政学的リスクがあります。又、石油価格の不透明さもあります。今週は、G20財務相・中央銀行会議、ユーロ圏財務相会議、EU首脳会議などがあり、特にギリシャ反緊縮政権と国債支援団の交渉が決裂すればギリシャのデフォルト懸念が出てくることになります。

 本日9日(月)は、先週末のアメリカの雇用統計の結果を受けて円安進行となっていたことで買い先行で始まり17799円まで上昇するものの、早期利上げ懸念からNYダウが下落していたことが上値を追う展開とはならず上げ幅を縮小して、△63円の17711円で引けました。

出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、円安基調ながらイベント多く、高値圏でのもみあい