通貨ペグとキャリートレード

ペグ(peg)とは釘、固定する、安定させるという意味がある。本来ならば離れたり、変動したりする2つ以上のものを、固定するものだ。通貨ペグは、通貨リンクとも呼ばれ、2つ以上の通貨を固定し、連動するようにさせるものだ。

欧州の統一通貨であるユーロは、1979年から欧州通貨同盟同士の20年に及ぶペグの期間を経て、1999年に単一通貨となった。一方、デンマーククローネは1979年から現在に至るも、ユーロに連動している。ユーロ・ペグのままだ。

もともと違うものを連動させるには、それなりの作業を行う必要がある。例えば、デンマークは22日の欧州中銀の量的緩和決定に先立ち利下げを行い、決定後にも追加利下げという、1週間に2度も金融緩和を行った。つまり、デンマークの19日の1回目の利下げを見ていれば、22日の欧州中銀の緩和政策は予測できたのだ。通貨ペグで、金融政策を一致させる以外の作業としては、通貨供給量の調節や、為替市場への介入がある。

スイスは欧州の通貨同盟に参加していないどころか、欧州連合にも参加していない。しかし、四方をユーロ圏諸国に囲まれているため、対ユーロでの通貨変動はスイスの競争力に大きな影響を与えることになる。対ユーロでの通貨高に苦しむスイスは2011年9月、対ユーロで1.20以上のスイスフラン高阻止のため、ついに無制限の為替市場介入を宣言した。そして、その後1年ほどは積極的に市場介入を行った。その甲斐があって、2015年初めまでは、ユーロスイスは1.20近辺で推移してきた。実質的なユーロ・ペグとなってきた。

しかし、スイスの外貨準備高の増減をみると、2012年以降はほとんど市場介入を行っていない。にもかかわらず、ユーロスイスはその後も1.20近辺で推移してきた。このことは実需筋か投機筋が、あるいはその双方共が、スイス中銀に代わってスイスフランを売ってきたことを示唆している。

ここで、スイスの経常収支は1980年代初頭から一貫して黒字だ。2013年は1039億ドルと、ドイツ、中国、サウジアラビアに次いで、世界4位の規模となっている。また、質への逃避で真っ先に買われるのがスイスフランで、実需や安定保有を求める筋はスイスを買ってきた。

それでも、スイスが1.20以上には上昇しなかったのは、投機資金が売っていたからだ。低利のスイスフランを借り、それを売って高金利商品で運用すれば、利ザヤが取れる。いわゆる、スイスキャリーだ。今でこそ、米ドルやユーロでもキャリートレードができるが、スイスキャリーと円キャリーは長年にわたって、キャリートレードの代表的なものなのだ。
図1:スイスキャリー
zu1

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 通貨ペグとキャリートレード