海外要因に不透明感強く、大きな上下動続く

海外要因に不透明感強く、大きな上下動続く
・・・25日移動平均線下向きとなりつつあり、目先は上値重くなる・・・

<先週は、原油価格の安値更新につれて、日経平均は下値を試す動き>
先週の予測では、「今週から来週にかけては、不安定な値動きが続く可能性」が高いとし、下値は16800円を守れるかどうかに注目としました。そのリスク要因は、原油価格の動向と、それに絡むロシア経済の動向やギリシャ総選挙後のヨーロッパの動向としました。

日本市場が休日の12日(月)の海外市場では、アメリカの大手金融機関が原油価格の見通しを引き下げたのをきっかけに1バレル=45.85ドルをつけ、2009年4月以来5年9ヶ月ぶりの安値更新となりました。これを受けてエネルギー株の下落が市場全体に波及し、NYダウは▼96ドルの17640ドルの続落となりました。更に為替は前週末の9日(金)の12月雇用統計で予想外の平均時給の減少となったことで早期利上げ観測が後退し、ドル売りとなって118円台半ばの動きとなっていました。
これを受けて、連休明けの13日(火)の日経平均は一時▼369円の16828円まで下げ、終値は▼110円の17087円でしたが、14日(水)は原油価格の安値更新や為替の117円台への円高を嫌気し▼291円の16795円となって、節目の17000円を割って柴田罫線では短期の売転換となりました。15日(木)は、前日のNYダウの大幅安にもかかわらず、特別に買い材料が出たわけでもないのに△312円の17108円の大幅上昇となりました。先物主導の上昇であり、昨年の10月31日の日銀のサプライズの追加緩和策以前の水準に戻さないといった政府の強い意向が入ったのではないかとの見方がありました。株価の上昇によって日本の経済の回復を考えているとみられる安倍政権にとっては当然の行為かもしれませんが、結果的に相場の調整が長引く可能性もあります。週末の16日(金)は、スイスフランの対ユーロでの上昇を抑えるために導入していた上限を撤廃すると発表したことがサプライズとなって、為替相場が大きく乱れ1ドル=116円台の円高進行となったことで一時▼516円の16592円まで急落しました。しかし、円高が一服すると日経平均も下げ幅を縮小し、▼244円の16864円となりました。

週末のアメリカ市場は、国債エネルギー機関がOPEC非加盟国の今年の生産見通しを引き下げたことで原油価格が大きく反発(前日の46.25ドル→48.69ドル)したことでエネルギー株が相場を牽引し、NYダウは△190ドルの17511ドルとなり、為替もドルが買われて117円台となっています。シカゴ日経先物も△275円の17075円と17000円台を回復しています。
 
<今週も、安値圏で海外要因に左右される展開か>
 今週も、先週に引き続き海外要因に左右される展開となりそうです。先週は、原油が安値更新となって日経平均は下値を試す動きとなりましたが、週末の16日(金)は、更にスイスフランの上限撤廃発表がサプライズとなってユーロが急落し、つれて円が買われて一時115円台の円高となり、日経平均は一時▼516円の16592円まで下落し、大引けにかけては下げ幅を縮小して▼244円の16864円となりました。日足の形としては、長い下ヒゲの陽線となって目先底入れを示す形ですが、先物主導の動きですので確実性は低いかもしれません。但し、柴田罫線では引線の終値で17128円を終値で上に抜けると、1月14日の16795円での売転換が買転換となってきます。そのように、短い日柄の中で転換が入れ替わる場合は、強弱感が対立していてもみあい相場が続くことになる可能性が高いといえます。先週で週足チャートは「3週連続の陰線」となっており、短期的には下降トレンドが鮮明になっていますが、ここにきて25日移動平均線(16日17319円)が下向きになってきていますので、17000円台前半で上値を押さえられる形となってきています。騰落レシオも先週末の93%から80%割れ寸前まで低下してきており、売られ過ぎのメドである70%近辺に低下する可能性も出てきました。リスクをとれる人以外は、日経平均は中途半端な位置にありますので、再度大きく下がるのを待つのが基本となります。
 
 今週は、原油安への警戒感がくすぶり、22日(木)のECB理事会の量的緩和策の発表、25日(日)のギリシャ総選挙が予定されており、これに先週末のスイスフランの上限撤廃が為替相場への影響の不透明さに加わっているため、大きな上下動の相場が続くことになる可能性があります。本日19日(月)は、先週末のNYダウの6日ぶりの反発や為替の円高一服を受けて買い先行で始まり17039円の高値をつけたあと上げ幅を縮小し、後場一時16911円まで下げるもののその後切り返し、大引けは△150円の17014円で引けました。しかし、売買代金・出来高共に大きく減少し、先物主導による上昇となっています。

出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 海外要因に不透明感強く、大きな上下動続く