S&P 500 月例レポート

S&P 500®

米株式市場は2014年も引き続き堅調

米株式市場は2014年も堅調でした。新年のお祝いのシャンパンは全て開けず、証券会社の年末の口座明細書を見てからのお祝いにとっておきましたか?S&P500はまたも幅広く上昇し、3年連続で2桁増となりました(プラス11.39%、配当込みでプラス13.69%)。2013年は29.60%上昇(配当込みでプラス32.39%、1997年以来最高のパフォーマンス)、2012年は13.41%上昇(配当込みでプラス16.00%)しています。同指数は3年間で63.72%上昇(配当込みでプラス74.60%)、2009年10月9日に記録したベアマーケット(弱気相場)の低値から204.33%上昇(配当込みでプラス244.23%)しています。2014年は2013年には及びませんでしたが、それでも堅調でした。1月は3.56%下落し、軟調な立ち上がりとなりましたが、その後は下落も小幅で修正局面もありませんでした(前回の修正局面は2011年)。2014年は指数の全構成銘柄の74.3%(373銘柄)が上昇、2013年の91.4%(457銘柄)に比べるとかなり少ない割合でした。一方、2014年は125銘柄が下落しました(2013年は41銘柄が下落)。プラス11.39%という2014年のリターンは2013年のプラス29.60%の半分にも及びませんが、1926年以来の実績の6.1%のリターンや10.2%のトータルリターンよりははるかに高いわけです。終値ベースの最高値は53回更新(2013年は45回)し、8月には2000ポイントの大台を突破しました(ダウ工業株価平均は12月に18,000ドルの大台を突破)。企業業績やキャッシュフローが過去最高水準を記録する中、ファンダメンタルズが引き続き市場を下支えしました。企業の自社株買いも新たな流行から全面的な傾向へと発展し、企業は株式数を削減、一株当たり利益(EPS)が上昇し、株価の下支え要因となりました。定期的現金配当は4年連続で2桁増となり、過去最高水準に達しました。2015年は、業績が過去最高を更新すると予想される中、配当も再び過去最高を更新するとみられています。ただし、現在の業績予想に関しては、楽観的過ぎると一部指摘されています。市場関係者の多くが2014年は上昇すると予測した米国10年債利回りは2.17%と2013年の3.03%から低下し、2012年の1.76%に近づきました。米連邦準備制度理事会(FRB)が2015年後半に緩やかなペースで利上げを実施するとみられる中、10年債の金利は上昇すると今年も予想されています。2013年末の終値98.70ドルからやや上昇するとみられていた原油価格の2014年末の終値は53.27ドルでした。イエレンFRB議長は原油安は消費者にとって減税のようなものと発言しています。原油安でマイナスの影響を受けたS&P500のエネルギー銘柄は9.99%下落しましたが、中でも大きな打撃を受けたのが36.20%下落したサービスや機器関連の小型銘柄でした。米国株式市場は2桁台の力強い上昇を見せた一方、全世界の株式市場はわずか1.96%
の上昇にとどまり、米国を除くと、5.64%下落しました。米国は堅調なパフォーマンスを背景に現在、全世界の株式市場の51%を占めています(1989年に指数が設立されて以来最高の構成比。前年は47%)。

hyo1

hyo2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> ETF/REIT> S&P 500 月例レポート