マネックス証券株式会社 松本 大代表取締役社長CEO

投資の魅力 知ってほしい

photo1_360px
松本 大(まつもと・おおき)
マネックス証券株式会社 代表取締役社長CEO

 1963年埼玉県生まれ。87年東京大学法学部卒業後、ソロモン・ブラザーズを経て、ゴールドマン・サックスに勤務。94年、30歳で同社最年少ゼネラル・パートナー(共同経営者)に就任。99年、マネックス証券株式会社を設立。現在、事業持株会社であり、個人向けを中心とするオンライン証券子会社を日本(マネックス証券)・米国(TradeStation証券)・香港(マネックスBOOM証券)に有するグローバルなオンライン金融グループであるマネックスグループ株式会社およびマネックス証券株式会社両社のCEOを務めるほか、株式会社カカクコム、株式会社ジェイアイエヌの社外取締役を務める。
 

 2014年の株式相場は、日銀による「異次元緩和第2弾」や、それに伴う円安進行、さらにそれらを原動力とした企業業績回復期待を追い風に10月半ば以降上昇加速し、日経平均株価は1万7450円で大納会を終えた。2015年も、さらにスケールを増した上昇相場への期待感が高まっている。そこで、証券界改革のオピニオンリーダーとして知られるマネックス証券の松本大社長CEOに、個人投資家に知ってほしい株式投資の魅力について聞いた。
 

グローバル投資の仕組み構築

――14年10月に創業15周年を迎えたが、証券会社設立の動機は
 「ゴールドマン・サックスなど外資系金融機関で12年間働くなかで、インターネット普及や売買手数料の自由化で世の中が大きく変わるだろうと思った。そこで、ゴールドマンに対して、機関投資家だけでなく最終投資家である個人に直接アクセスすることを提案したが、会社の判断は〝やらない〟ということだったので、そこで自分で始めることにした。マーケットが大好きで、そこでキャリアを育ててきたので、マーケットに恩返ししたいという思いも強かった。また、投資に対するイメージ向上や個人でも分かりやすくアクセスでき、投資本来の効用というものが理解してもらえる仕組みを作りたかった」
――15年間で苦労した点は
 「親会社の基盤が既にあるような他のオンライン証券とは異なり、4人でスタートした本当のベンチャーだった。苦労は数えられないくらいあったが、創業当時のトランザクション(売買取引処理)系のITは信じられないほど未発達だった。また、その頃はベンチャー企業に世間の風が冷たく、メディアも応援するというよりも叩くという雰囲気が強かった」

photo2

証券界は投資家の声を大切に

マスコミ、財界に投資教育必要
――証券界が抱えている問題点と改善策は
 「証券会社の反対が多くて夜間取引の実施が見送られた。個人投資家の約92%の売買はオンライン取引で、オンライン証券のアンケート調査では、多くの個人が時間外取引を強く望んでいる。証券業界は、受益者(お客様)の声をもっと大切にすべきだ。証券業界の発言権はいまだに、最も非資本主義的な〝1社1票〟の古い体質のままだ。最近はマンションの管理組合でさえ、部屋の大きさで投票権の口数が配分されるのが常識だ。私は、既に20年も証券業界の役員を継続して務めており、日本一長いのではないか。20年経っても古い体質はほとんど変わっていない」
――個人投資家を活性化する方法について
 「私は、個人投資家の金融リテラシーは高いと思う。リテラシーの低いのはマスコミや財界、政治家だ。大手新聞の報道を見ると資本市場のことを理解しないで書いているケースが多いように思う。最近は少ないが以前は、上場企業の財務担当役員が金商法などのルールを知らずに、悪意なく公募増資についてマスコミにリークするなど、目に余るケースもあった」

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> トップインタビュー> マネックス証券株式会社 松本 大代表取締役社長CEO