今年は官制相場がより強まり、大きな上下動を経て上昇か!

<大納会は大幅続落。3年連続の年初来高値更新とはならず>
 12月26日(金)までのNYダウが4日連続で史上最高値更新の△23ドル18053ドルとなり、更に1ドル=120円台の円安となっていたことで、日本市場の2014年の最終週は、29日(月)、30日(火)の2営業日上昇して大納会は18000円台で終わり、3年連続の年初来高値更新が期待されました。但し、そうなった場合は、アメリカ株式に高値警戒感があることや昨年の日本市場が新年早々急落となったことで同じようなパターンになる可能性も考えられるとしました。

結果的には、29日(月)は17900円台にのせて始まるものの伸び悩み、後場になると厚生労働省が国内でエボラ出血熱に感染した疑いがあると発表したことで先物主導で300円近い下げとなり、終値は▼89円の17729円となりました。その後エボラ感染熱の疑いは晴れましたが、海外でギリシャの政権不安から欧州株式が一時大幅に下落し、NYダウは8日ぶりの少反落となりました。そのため保有したままで年を超すことに躊躇する投資家が多く、大納会の30日(火)は正月休み中のリスクを回避するための先物主導の売りが続き▼279円の17450円の安値引けとなりました。
残念ながら3年連続の年初来高値更新となりませんでしたが、2014年度は約7.1%の上昇となり、年足では3年連続の陽線で引けました。

<今週はSQを控えて神経質な展開>
 昨年末はギリシャの政変やアメリカ株式の高値警戒感などから、日本の年末・年始の間に何が起こるかわからないとして利益確定売りが優勢となって、大納会は▼279円の17450円の安値引けとなりました。結局、その後の動きはNYダウが正月の休日までは利益確定売りに押され、12月31日は▼160ドルの17823ドルの3日連続安となり、休日明けの1月2日(金)は一時17731ドルまで下げて△9ドルの17832ドルの小反発で引けました。この日原油価格は1オンス=52.03ドルまで下げており、まだ下値確認は済んでいません。シカゴCMEは17295円まであって、17385円で終わっています。

 今週は、アメリカで年末年始に発表された経済指標は弱いものが多く、今週末に12月の雇用統計を控えているため慎重スタートとなりそうです。又、原油価格も一段と低下しているため海外要因に振れやすい状況といえます。
 昨年は年明けから急落しましたが、それは年末高の反動が出た上に欧米は1月から12月の決算がほとんどのため(日本は3月決算が多い)、12月中旬や1月中旬にかけて需給が売りに傾きやすくなります。このような時に何か大きな悪材料が出ると大きな下げになる可能性がありますので、1月中旬までは慎重な動きになるかもしれません。

<今年は官制相場強まり、大きな上下動しながらの上昇>
 今年は官制相場といわれるように、買い主体として、日銀によるETF(上場投資信託)の買いとGPIC(年金積立金管理運用独立法人)の買いが相場をサポートすることになります。基本的な日本株式の上昇の原動力は、売買代金の60~70%を占める外国人投資家ですが、2013年の動きと昨年の2014年の動きが違ってきています。外国人投資家にも年金資金を動かす中長期投資(実需)と短期の利ザヤを目指す短期投資がありますが、2013年は中長期投資主体であったものが、昨年はアベノミクスへの失望(第3の矢の成長戦略の具体化が進まない)から短期投資中心となり、結果的に9月までは先物中心の大きな上下動を繰り返す相場となりました。10月31日に日銀の金融政策決定会合で追加の緩和策が発表されて円安が進行し、相場は一時18000円を試す動きとなりましたが、これは円安効果による輸出関連株を主体とした先物主導の相場であり、海外勢の中長期投資は行われていません。第3次安倍内閣がアベノミクスの成長戦略を具体化できなければ昨年以上に大きな上下動(但し、円安によって業績は上方修正されるので、日経平均の位置は一段上がる可能性)が繰り返されることになります。つまり、安く買って、高くなって売るチャンスが何度もある可能性があります。

出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今年は官制相場がより強まり、大きな上下動を経て上昇か!