柴田罫線から中長期トレンドをみると、2015年は上昇相場の可能性

<NYダウは7日続伸(4日連続史上最高値更新)で日経平均も堅調>
 先週の予測では、海外勢はクリスマス休暇に入り日本も休日を挟むので商いは細りやすい中、短期筋の売買で指数は振れやすいことも考えられるとし、「NISA」の買いや26日に受け渡しベースの新年入りとなるため税金対策の売りはなくなり、年末に向けた株高が期待されるとしました。又、当面はFOMCで今後の金融政策の不透明感が解消されたことでアメリカ株式の堅調な動きが想定され、日経平均もサポートされて堅調な動きが想定されるところとし、但し、日経平均の指数が上昇するよりは、アベノミクス関連銘柄を中心に出遅れ銘柄の水準訂正が考えられるともしました。

結果的には、そのような動きとなりました。休日明けの24日(水)は、休日中の23日(火)にアメリカ市場では7~9月期GDP改定値が予想の△4.3%を上回る△5.0%と約11年ぶりの高い伸びとなったことで、NYダウが△64ドルの18024ドルと初の18000ドル台乗せとなり、円も1ドル=120.83円まで進んだことで△219円の17854円と17800円台を回復しました。NYダウはその後も堅調で4日連続の史上最高値更新となりましたが、日本市場はクリスマス休暇や冬休み休暇で市場参加者は少なく薄商いの中を17800円水準でこう着となり、週末の26日(金)は△10円の17818円で引けました。しかし中小型株は反発し、値上がり銘柄数は1422銘柄と70%近い銘柄が上昇しました。

<大納会は3年連続の年初来高値更新が期待されたが、エボラ出血熱報道が水を差す>
 先週末の26日(金)のアメリカ市場では、主要な経済指標の発表などがない中、クリスマス休暇明けで実質的に2015年度入りでアメリカ景気への期待が下支えとなって、NYダウは△23ドルの118053ドルと7日続伸となりました。シカゴの日経平均先物は大証比△60円の17920円となっていました。

 今週は2営業ですが、クリスマス休暇明けの海外勢が一部戻る可能性もあり、例えそうでなくで閑散相場になっても「閑散相場に売りなし」のため、アメリカ株式が堅調さを維持していれば先物主導で大納会は3年連続の年初来高値を更新する可能性があります。27日(土)に緊急経済対策3.5兆円を決定したことは、目先は相場のサポート要因にもなりそうです。

 明日の大納会で18000円台に乗せて終わると、1月の大発会(1月5日)から中旬にかけて目標達成感から年末の反動安の可能性もあります。アメリカ市場は元旦が休日である以外はふつうの営業日ですので、アメリカ株式が高値警戒感から一服すると下げるきっかけとなりやすいといえます。昨年も12月にかけて高値をつけたあと、中旬にかけて調整し年末高となり、年明けから急落という形になりました。昨年と同じような形になっても、現状の相場環境は、原油安、円安、国内では日銀の15年以降もETFを年間3兆円購入、第3次安倍内閣のスタートなどプラス材料が多く、下げれば押し目買いのチャンスとなります。
 中長期の日経平均は、アベノミクス相場にサポートされて上昇相場が続くことが想定されますが、そうなっても12月中旬の数日で1000円近い下げが起こるように大きな上下動を繰り返しながらの上昇となりますので、高くなったら買わず、安くなるのを待つということを実行しなければ株式投資で資産は作れません。
 昨日の時点では、大納会は18000円乗せで終えるかもしれないと考えていましたが、残念ながら本日29日(月)はエボラ出血熱報道で一時300円に迫る下げとなり終値は▼89円の17729円で引けましたので、明日の大納会では18000円台は難しくなったといえます。新年明けの動きは、エボラ出血熱の動向やアメリカ株式と為替次第となりました。

出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 柴田罫線から中長期トレンドをみると、2015年は上昇相場の可能性