5年後、日本のGDPは中国の5分の1 ‐アジア地域連携経済圏の形成か‐

IMFの推計によると、中国のGDP(購買力平価換算)は2014年に米国を追い抜き世界一となり、5年後(2019年)は日本の5倍の規模になる。中国の輸入吸収力は巨大で、アジア諸国は中国への依存度をますます高めていく。中国主導の「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)も、中国とアジア諸国との経済連携強化の役割を果たそう。というか、AIIBは中国のアジア経済戦略の柱になろう。
 近隣にわが国の5倍もの経済大国が出現し、またその周辺に「アジア地域連携経済圏」が出現する。TPPより大きな、そして世界で最も高成長な経済圏の誕生である。日本はどう対応すべきであろうか。巨大な経済圏とどう付き合うか、われわれは重大な進路選択を突き付けられている。

1、5年後の日米中のGDP比較

 
 中国が世界一の経済大国になる。
 IMF報告によると、2014年のGDPは為替レート換算によると、米国17兆4160億㌦である。これに対し、中国は10兆3560億㌦である。まだ米国の方が大きい。しかし、購買力平価(ppp)換算で見ると、中国のGDPは17兆6320億㌦となり、米国を超えた。そして、5年後(2019年)には、米国22.2兆ドルに対し、中国26.9兆ドルと大きく上回る(IMF, World Economic Outlook Database, October 2014)。

 日本のGDPは2014年4兆7700億㌦、2019年5兆5433億㌦(pppGDPは5兆5280億㌦)である。5年後、中国のGDPは日本の5倍になる(注、日本のGDPは為替レート換算も購買力平価換算も大差ない)。日本と中国を指してアジアの「2大経済大国」と言うことが語られるが、日本経済は中国の5分の1の大きさである。

★図1 日米中のGDPの推移(IMF推計)   

★表1 日米中のGDP比較        

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 5年後、日本のGDPは中国の5分の1 ‐アジア地域連携経済圏の形成か‐