相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(4027)テイカ

 四季報2014年新春号によると、工業用酸化チタンはインク、塗料向けなどが数量低迷。が、微粒子酸化チタンは欧州の化粧品用が伸び、界面活性剤も堅調続く。原料高こなし営業益好転。年8円に増配。16年3月期は化粧品、洗剤用の国内外2新工場稼働させ増産。営業増益。

2012年11月13日の215円を安値にアベノミクス相場にサポートされ、2013年3月7日の361円まで上昇し、その後三角保ち合い(A)を形成しました。この中で、煮詰まりつつある途中の今年の5月8日に274円の安値をつけたあと、上方修正となって5月13日に291円で買転換となって急騰し、9月19日に514円まで上昇しました。ここをピークに日経平均の急落につれ安し、10月16日に402円まで下落し、その後は、10月21日の413円を安値に戻りに転じ、11月6日に468円まで上昇しました。ここから11月21日の421円まで押し目を入れて三角保ち合い(B)の煮詰まったところで、12月2日に465円で上放れ・買転換出現となっています。

4027テイカ

(7995)日本バルカー工業

 四季報2014年新春号によると、定期修理の繁忙年でシール製品復調。半導体、自動車向けも堅調。フッ素樹脂は中国で重電機器向けに増勢。シリコンウエハリサイクルも黒字化。利益回復歩調。16年3月期は海外向けシール製品回復。

10月31日決算発表。7~9月期経常益は84%増の7.7億円。通期を従来比17%増に上方修正。
2009年11月27日の147円からの中長期上昇トレンド(A)の中で、この147円を安値とし2011年2月7日の282円を高値とする三角保ち合い(B)を形成、この煮詰まったところで2012年11月14日の200円を安値にアベノミクス相場にサポートされて、上昇トレンド(C)を形成しています。この上昇トレンド(C)の中で、今年の2月4日の261円、4月21日の261円とダブル底をつけて急騰し7月29日には365円まで上昇、その後買われ過ぎからの下落となって10月17日の281円まで押し目を入れて、12月5日に323円で買転換出現となっています。

7995日本バルカー工業

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!