2014年12月1日時点での主要市場見通し

花の一里塚~市場見通しサマリー

2014年12月1日時点での主要市場見通し

hyo1

今号より、予想期間を2015年12月末までに延長した。

前々号(「花の一里塚」2014年10月号)の予測表から、予測表を見やすくするため、以前表示していたリスクシナリオを外し、メインシナリオだけの表記としている。9月号まで掲載していた、リスクシナリオも含めての予想表は、掲載を中止する。

基本シナリオと見通し数値について

中長期的な展望として、地政学的リスクや欧州の景気低迷、中国の経済成長減速など不透明要因は根強く残りながらも、米国を中心として世界経済が緩やかな持ち直し軌道にあり、世界的に概ね株高、長期金利上昇、外貨高・円安が生じる、という見通しに変更はない。一方で、10月末の日銀の追加緩和などを受けての国内株高、円安は、行き過ぎであるとの考えも堅持する。短期的には一旦国内株安・円高の揺り戻しが生じ、その後再度株高・円安が緩やかに進むと予想している。あわてて国内株式や外貨(特に米ドル)の上値を買い上げることはせず、押し目を丹念に拾う投資姿勢を薦める(逆に、予想したような株価や外貨の下振れが生じた場合、あわてて売らないことも肝要だ)。

なお、今回から予想期間を2015年12月末までに延長した。予想レンジの数値上は、年後半は年前半と同じように見えるが、年前半は概ねレンジ上限に迫るような穏やかな市場動向を予想している。これに対し年後半は、レンジ上限と下限の間で、激しく上下動するような相場付きになると懸念している。そうした波乱を見込む最大の要因は、米長期金利の上振れの可能性であるが、そうした上振れが生じる確率は高いと見込んではいるものの、確度が極めて高いとは言い難く、加えていつそれが生じるかのタイミングについては(おそらく年後半であるとは予想しているものの)全く予想できない。

具体的な予想レンジの修正については、2014年12月までについては、主に足元の国内長期金利の低迷と予想以上の円安を受けての修正を行なう。
2015年6月までの予想レンジについても、同様の理由で微修正を行なった。

2014年12月までの予想レンジを、前号(11月号)から次のように修正した(下線太字部は変更箇所)。
日経平均株価(円) 15500~18500 ⇒ 16500~18500
10年国債利回り(%) 0.42~0.9 ⇒ 0.400.70
米ドル(対円) 105~114 ⇒ 110120
ユーロ(対円) 133~145 ⇒ 135150
豪ドル(対円) 92~110 ⇒ 95~110

2015年6月までの予想レンジを、前号(11月号)から次のように修正した(下線太字部は変更箇所)。
日経平均株価(円) 16500~21000 ⇒ 変更なし
10年国債利回り(%) 0.6~1.9 ⇒ 0.451.5
米ドル(対円) 105~112 ⇒ 105~122
ユーロ(対円) 135~150 ⇒ 変更なし
豪ドル(対円) 95~120 ⇒ 変更なし

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 2014年12月1日時点での主要市場見通し