先週の原油価格急落から円安進行で、上値を試す動きも

先週の原油価格急落から円安進行で、上値を試す動きも
・・・11月SQ値17549円を終値で上回れるかどうかに注目・・・

<先週は、17500円のフシを前にもみあい続く>
 先週は、実質3週間の選挙戦へ突入するが、過去の経験則から、解散日から投開票日までは相場は強という見方があるものの、11月SQ値17549円を突破できなければ高値圏でのもみあいが続く可能性があるとしました。

 連休明けの25日(火)は、前週末に中国が予想外の利下げを発表し、欧米株式が上昇したのを受けて買い先行で始まるが、寄り付きの△132円の17490円を高値に上げ幅を縮小し、△50円の17407円となりました。その後材料不足から利益確定売り優先となり、26日(水)は▼24円の17383円、27日(木)は引け後のOPEC総会を控え様子見となって先物主導で▼171円の17212円まで下落し、終値は▼135円の17248円でした。
 しかし、OPEC総会で減産見送りとなったことで原油価格が2010年9月以来約4年ぶりの1バレル70ドル割れ(▼7.5ドルの66.15ドル)となったことで、28日(金)の日本市場は1ドル=118円台への円安と原油安を好感し、3日ぶりの反発となって△211円の17459円で引けました。結局、高値圏で17500円のフシを前にもみあいとなりました。但し、トピックスは△18Pの1410Pと終値での年初来高値更新で引けました。

<日経平均がもみあえば、個人投資家主体の中小型や材料株相場へ>
 今週は、アメリカでは多くの経済指標の発表を控え、特に週末5日(金)の11月雇用統計が注目されます。又、2日公示の衆議院選の状況や4日のECB理事会での追加の金融緩和がどうなるかを見極めたい声も多く、結果を受けて高値圏で一進一退の動きとなりそうですが、日経平均が17500円のフシを上に抜けて11月SQ値17549円を突破できれば、上値を試すことになってきます。但し、日経平均がもたついても、アベノミクスの政策がらみの銘柄や中小型株の水準訂正の動きは続き、個人投資家主体の師走相場になっていく可能性は高いといえます。

 日経平均だけの動きをみてみると、ちょっとした値幅のなるもみあいとなっていますが、大型株が売られると中小型株が買われるというようにうまく循環物色していますので、なかなか押し目を待っても下がらない相場となっています。テクニカル指標をみると、25日移動平均線はやや過熱感がなくなってきているものの、騰落レシオは133%と過熱感があり、高値警戒感が残っています。今の相場は円安基調や欧米株式の堅調さにサポートされて、値幅整理よりも日柄整理の形で進んでおり、日足が徐々に切り上がっているところをみると、今週ぐらいからは原油安からの一段の円安や自民党優勢の報道となれば、上値を試す動きになっていく可能性があります。

 本日12月1日(月)は、原油価格が6年ぶりの安値になったことや一時1ドル=119円台の円安を好感し、1月14日のザラ場高値17520円、更に11月SQ値17549円を突破し、△189円の17649円まであって終値は△130円の17590円となりました。柴田罫線でも「ろく買」(更なる上昇の確率が高い型)が出現しました。

出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 先週の原油価格急落から円安進行で、上値を試す動きも