外貨への両替でお得な方法!

海外旅行の際の外貨への両替で手数料が一番安い方法は?

海外旅行をする際に気になることの1つが、外貨への両替ですよね。

海外へ行くと、通貨が変わってくることや、物価が日本と違い驚くことは多いはずです。
両替はお金の問題だけあって、シビアにいきたいところですよね。

そこで、今回は海外旅行の際の外貨への両替をどうずれば一番お得になるのか比較してみました。

比較する両替方法は以下の4つです

・空港
・チケットショップ
・外貨預金
・FX会社

ちなみに、国外よりも国内で両替した方が有利なので、到着先での両替は極力せずに、国内で行うようにした方が良さそうです。

比較する通貨はアメリカドルで、その際の為替レート(ドル円)は、2014年11月25日の118.08円を基準とします。

空港での両替

一番多いのは、出国前に空港で両替をする方法ではないでしょうか。
海外旅行に行くのには飛行機がほとんどですし、出国直前でも両替できることから便利です。
例えば、羽田国際空港だと大手銀行の両替所が何行かあり、24時間両替のできるATMもあります。
そのなかでも、みずほ銀行の両替所とATMが多いので、見てみましょう。
キャプチャーは2014年11月25日の同行の両替レートです。

みずほ銀行:外貨両替相場

参考:みずほ銀行 外貨両替相場
http://www.mizuhobank.co.jp/rate/market/cash.html

米ドルの場合は、1ドルへ両替するのに121円08銭必要ということです。
逆に、ドルから円に両替するためには、1ドルが115円08銭ということになります。
(T/Cとはトラベラーズチェックのことです。)

ちなみに、11月25日の仲値と呼ばれるその日1日に適用されるのドル円のレートはみずほ銀行では118.08円でした。
ですので、1ドル当たり3円の値幅が上乗せされるということになります。
これとは別に、1件当たり1,000円の両替手数料が掛かることになります。

このことから、

1,000ドルへ両替しようとする場合は、122,080円必要ということになります。

手数料がゼロの場合の1,000ドルは118,080円ですから、両替に掛かる費用は4,000円ということになります。

- 空港での両替:みずほ銀行 -
両替手数料:4,000円
1,000ドルへの両替に必要な金額:122,080円

チケット(金券)ショップでの両替

次に街のチケットショップで両替する方法をみていきます。

数年前に、ドル円が円高になると行列ができるようになるお店ですね。

同じ2014年11月25日の両替レートは以下の通りでした。
大手の大黒屋さんを参考にしています。

外貨両替|大黒屋ショッピングモール|お得な両替レート、両替手数料|

参考:大黒屋外貨両替サービス
http://gaika.e-daikoku.com/

値段は、みずほ銀行よりややお得になっています。
店舗が近くにない人の為に、通信販売を行っていますが、手数料は500円追加となります。

米ドルへ1,000ドル両替する場合120,080円が必要ということになります。
両替に掛かる費用は2,000円ということになりますが、配送サービスの場合は2,500円となります。

- チケットショップでの両替:大黒屋 -
両替手数料:2,000円
1,000ドルへの両替に必要な金額:120,080円

銀行の外貨預金をそのまま使用

普段から外貨預金をしている人は、その外貨をそのまま利用するという手もあります。
つまり、外貨預金を外貨のまま引き出すということになります。
大手では、三菱東京UFJ銀行ではこれが可能のようですが、みずほ銀行ではできないようです。

この場合、円をドルに預金する際の手数料と引き出し手数料が必要となります。

三菱東京UFJ銀行の外貨預金の同日(2014年11月25日)のレートは以下の通りでした。

UFJ外貨レート

参考:三菱東京UFJ銀行 取引レート
http://www.bk.mufg.jp/tameru/gaika/index.html

これは手数料込のレートですので、手数料の表もキャプチャーしてきました。

外貨預金の為替手数料   三菱東京UFJ銀行
参考:三菱東京UFJ銀行 外貨預金の為替手数料
http://www.bk.mufg.jp/tameru/gaika/tesuuryou.html

円からドルに両替する際の手数料は、ネットバンキングの利用で25銭と安くなっています。しかしながら、これを外貨のまま引き出す際には1円80銭の手数料が引かれるようです。

結果、米ドルへ両替する際の手数料は2円5銭(1円80銭+25銭)必要となりますので、1,000ドルへ両替するには120,130円必要となります。

- 外貨預金を利用する両替:三菱東京UFJ銀行 -
両替手数料:2,050円
1,000ドルへの両替に必要な金額:120,130円

FX会社で外貨へ両替

最後に、FX会社での外貨への両替です。

外国為替の取引を行うFX会社ですから、外貨への両替サービスを行っている会社もあります。
ここではヤフーが運営しているFX会社であるYJFXの両替を見てみましょう。

■YJFX
YJFX

YJFXはFX会社ですから、リアルタイムの為替レートで両替できることが特徴です。また、銀行やチケットショップと違い、手数料が劇的に安いことが挙げられます。

同じ日の為替レートは以下になります。

YJFX外貨レート
2014年11月25日18時30分

ドル円の値段は一番上になります。
ちなみに、この日の安値は117.68円までありましたので(18時30分時点)タイミングが良ければ、もっと良い値段で両替することも可能です。

両替手数料が0.3銭+銀行での引き出し手数料が1円80銭必要となりますので、手数料は1円80.3銭必要になります。

よって、仮に上と同じ値段118.08円の時に1000ドルへ両替した場合には、119,883円必要となります。

- FX会社での両替:YJFX -
両替手数料:1,803円
1,000ドルへの両替に必要な金額:119,883円

このことから、海外旅行を行う際の外貨への両替はFX会社が一番安いということになりました。

外貨両替比較

一番コストがかかる空港での両替とFX会社での両替を比較すると、2万円以上の差が出ることから、旅先で目いっぱい楽しむためにも、無駄な手数料は払いたくないところですね。

ちなみに、FX会社への口座開設から両替完了までは5日ほどで完了するようです。
海外旅行の予定が決まった時は、FX会社を利用しお得に両替してみてはいかがでしょうか。

■外貨への両替に便利なFX会社はヤフーが運営するYJFX!

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 

外貨預金をおすすめできない理由

【著者】  みんかぶマガジン編集部
女性に人気の外貨預金の隠されたワナ 外貨預金を始めようとしている方へ大事なお知らせです。 このページを見てくれているということは、外貨預金のオススメの銀行を探そうとしている方ではないでしょうか。女性には特に人気で、30代以下の女性の半数は外貨預金をした経験があるそうです。海外旅行を行く機会に外貨預金を始めるのかもしれませんね。 でも、ちょっと待ってください。外貨預金って、実はデメリットが多いのです。当サイトでは、意外と知られていない外貨預金の真実についてお知らせしたいと思います。3分ほどで読めるように書きましたので、サクッと読んでもらえると幸いです。 では、早速行きましょう! 手数料が高すぎる 外貨預金のデメリットに1つに手数料があります。 まずは、下の画像を見て下さい。 これは、大手銀行の外貨預金の買いの値段(TTS)と売りの値段(TTB)です。 例えば、ドルを買いたい場合は、118.29円で買うことができ、売りたい場合は、117.79円で売ることができます。 買値と売値の差は50銭ありますね。 つまり、全く値段が変化していない場合は、ドルを買って日本円に両替をすると、50銭ずつ手数料として取られるために、1円損することになるのです。1ドルの外貨預金を行う人はいませんが、仮に1,000ドル(約11万円)外貨預金をすれば、1,000円損してしまうことになります。 両替しただけで、資金の1%が無くなってしまうというのは大きな問題ではないでしょうか。 でも、金利が高いから大丈夫! そう思うかもしれません。 では、今度は外貨預金の金利を見てみましょう。 金利が実際の金利よりも遥かに安い では、早速先ほどの銀行の外貨預金の金利を見てみましょう。 実際にイメージした金利とは違うのではないでしょうか。高金利通貨と言われている豪ドルの1年定期預金でも1.40%しかもらえないのです。 実際のオーストラリアの政策金利は2.50%あるにもかかわらずです。 (2014年11月時点) ちなみに、一番高金利のニュージーランドドルは1年の定期預金で2.170%の金利がもらえますが、実際のニュージーランドの政策金利は3.50%です。 (2014年11月時点) 分かり易い、50万円定期預金した場合の表もありました。 50万円の場合、ドル円の値段が変化しない場合だと、往復手数料が約500円掛かりますので、手数料だけでマイナスとなってしまいます。 しかも、定期預金の中途解約は受け付けていないことから、急な資金が必要となっても引き出すことができませんし、仮に引き出すことができても、手数料がかかることとなります。 これでは、急な為替変動が発生した場合は大きな損失を被る可能性が高まります。 それでは、外貨預金は行わない方が良いのでしょうか。 いえ、今後米国の金利が上昇するという状況やアベノミクス効果もあり、多くのエコノミストも今後も円安が続くと予想している人が大半です。 そこで、活躍するのがFXです。 手数料が安い、金利は毎日もらえる! まず、手数料を銀行と比較してみましょう。 上記はあるFX会社の為替レートですが、「0.3」と表示されているところが手数料となります。 上記の銀行の手数料は50銭ですが、こちらのFX会社の手数料は何と0.3銭という破格の手数料です!! (手数料はFX業者により異なります) なんと銀行の166分の1なのです。 10万円を預金しても掛かる手数料は往復で0.1%足らず。 つまり約6円です。 もはやチロルチョコも変えないほどの値段です。 「手数料が6円もかかるのか!」と怒る人はまずいませんよね。 銀行預金と比べると、驚くほど安く、しかもパソコンやスマホがあればいつでも好きな時に自分のタイミングで行えます。 FXのメリットについては、詳しくはコチラ <FXのメリット> http://fx.minkabu.jp/hikaku/fxbeginner/benefits-of-fx/ 毎日おこずかいがもらえるスワップ金利 手数料が安くて、いつでもどこでもできるFXですが、さらに良いことがあります。 それは、スワップ金利(ポイント)が毎日付与されることです。 分かり易く言えば、金利収入が毎日もらえるということです。 2014年11月現在、日本と違いオーストラリアの政策金利は2.5%もあります。 例えば、FXで日本円を売ってオーストラリアドルを買えば、毎日だいたい70円のスワップポイトがもらえます。 1年にすると、25,550円です。 しかも、現在オーストラリアは過去最低水準に金利が低い状態ですから、今後さらに金額が増えていくことも予想されます。 ちなみに、スワップ金利がたくさんもらえるFX会社は以下となります。 みんなの外為:スワップ金利比較 http://fx.minkabu.jp/hikaku/swap.html ◆FXはギャンプルみたいとお考えの方へ。。 FXはギャンブルの様で危ないと思っている方も多いのではないでしょうか。 その理由の一つが「レバレッジ」でしょう。 では、本当にレバレッジが危険なのか見ていきましょう。 (ドル円100円の時) ・外貨預金(レバレッジ1倍)でドルを1万通貨買った場合 (投資金額は100万円) ⇒ドル円が99円になった場合、損する金額は1万円 ・FX(レバレッジ25倍)でドルを1万通貨買った場合 (投資金額は4万円) ⇒ドル円が99円になった場合、損する金額は1万円 「あれ?」 っと思った方も多いのではないでしょうか。 レバレッジが掛かっている分、投資金額が25分の1となるのですが、損する金額も25倍になるわけではありません。 もちろん、外貨預金と同じ金額の100万円を使いドルを買うと25万通貨買うことになりますから、損失も25倍になってしまいますから、リスクが高まってしまいます。 ここまで読んでいただいた方は、銀行で外貨預金を行うよりもFXの口座を開設して外貨預金を行ったほうがずいぶん良いことが分かったと思います。 どこの口座が一番オススメかはというと・・・、 2014年11月現在では金融大手であるSBIグループのSBIFXトレードが一番となっています!! 詳しくは日本一詳しいみんなの外為のFX口座比較をご覧ください!! <徹底的に調べつくしたFX口座ランキング!!> http://fx.minkabu.jp/hikaku/rank-top.html 外貨預金を行うなら、FXでスマートに運用してみてはいかがでしょうか?
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 今月の特集> 外貨への両替でお得な方法!