円安対策を急げ!

もし、円安トレンドが続くとして、最も考えやすい対策は、これまでの海外調達、海外消費から、国内調達、国内消費への転換に対する対応だ。また、国産品に対する国内外需への対応だ。つまり、これまで海外に逃げていた資金が国内に帰り、新に海外の資金が入ってくる。私は国内産業が広く復活するとみている。

・円高の苦しみ

今の若い人たちでも、ドル円が360円で固定されていた時代があったことは知っているかと思う。1973年の変動相場制への移行後、円は上昇を始めたが、円が急騰するきっかけとなったのは、1985年9月に開かれた主要5カ国会議で決定された、ドル高是正の合意だった。当時の主要5カ国とは、日米英独仏で、これらの国々の蔵相がニューヨークのプラザホテルで会合を持った。それで、この日の合意をプラザ合意とも、外為市場では単にG5ともいう。

G5では、ドル高是正として、外為市場でドルが売られ、当時、経済的に躍進していた日本の円と、ドイツのマルクとが集中的に買われた。もっとも、市場介入だけで長期的な円高が始まった訳ではない。中央銀行とて、実体経済を背景にした実需に、長期にわたって勝てるわけではない。膨大な貿易黒字を背景とした実需の円買いが、円の長期トレンドを決定づけた。そしてドル円は2011年10月の75.56円銭まで下落した。
参照チャート:ドル円レート(1983年~2014年)
zu1

2011年になっての燃料輸入の急増に伴い、日本は貿易赤字となり、円の実需の流れが30年ぶりに反転した。これまでの円買い超過が、円売り超過となったのだ。ちなみに、貿易赤字は、赤字から受ける印象とは違い、輸入総額が輸出総額を上回ったというだけの意味で、収益や損得とは直接には関係がない。現状のように、貿易収支が赤字でも、所得収支が黒字で、合わせて経常黒字というのは、むしろメリットの方が大きいのだ。私は、円の長期トレンドは貿易収支によって決定的ともいえる影響を受けるとしている。ドル円は長期上昇トレンドに入ったという見方ができるのだ。
参照チャート:日本の貿易収支(1950年~2013年)
zu2

世界的な株高のなか、2012年に東証株価指数が29年来の安値をつけたことが象徴しているように、円高は日本経済を蝕んだ。ほとんどすべての製造業が何らかの円高対策を取り続けたが、円高は止まらず、日本を代表する大手企業も軒並み赤字を計上した。貿易黒字では、企業収益は大赤字だったのだ。その同じ企業が、円安転換で軒並み大幅黒字となった。
参照チャート:東証株価指数(1981年~2014年)
zu3

円高では、世界で最も競争力があると言われていた製造業ですら競争力を失った。ましてや、ずっと競争力がないと言われ続けてきた農業が、世界と競争するには酷な環境だった。円高分だけで、日本の農産物は40年で4倍にも値上がりした(輸入品価格が75%引きとなった)。加えて、製造業には日本を捨てる選択肢があったが、農地は建国以来、日本国に張り付いている。ディスカウンターが安い輸入品で急成長し、日本人が海外旅行で安いサービスを享受する裏で、日本を離れられない産業は人件費を削り、押し並べて弱体化していった。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 円安対策を急げ!