相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6800)ヨコオ

 四季報2014年秋号によると、自動車用アンテナ国内大手。携帯電話向けアンテナからは撤退するが、採算よい回路検査用コネクターがスマホ向けなど伸びる。車載用アンテナも北米中
2012年11月14日の345円を安値にアベノミクス相場がスタートし、2013年1月4日の417円で買転換となって大幅上昇となり、5月24日の609円まで上昇しました。ここをピークに6月7日の441円まで調整後、三角保ち合い(A)となっていましたが、その煮詰まったところで今年の5月22日の501円を安値に上放れとなり、9月22日に689円まで上昇しました。ここをピークに買われ過ぎとなり、更に日経平均の急落につれ安する形で下げて急落となり、その後安値圏でもみあって10月22日に543円で買転換となっています。

6800ヨコオ

(6013)タクマ

 四季報2014年秋号によると、環境・エネルギーは国内向けバイオマスが出足鈍いが、下期にかけ伸びる。ゴミ処理施設も膨らむ。海外は東南アジア向けが改善。ただ民生熱エネルギーが低迷。低採算案件増に加え人件費増も響き営業益横ばい圏。訴訟関連特益。増配。
2012年5月17日の302円、8月9日の316円を2点底にして反発し、11月12日に411円で買転換が出現、アベノミクス相場にサポートされて上昇トレンド(A)を形成しました。この中で今年の1月20日の1119円でピークをつけて日経平均の急落につれ安して大きく下落し、3月24日の656円の安値をつけました。ここから4月30日の835円まで自律反発するも再下落となって安値を更新、8月8日の605円まで下げました。ここを安値に9月25日の721円まで上昇して下落となり、10月14日に616円まで下げて2点底の形となって、10月29日に684円で買転換となっています。割安株ですが信用買い残多く、大きく上昇すれば戻り売りが出やすくなります。

6013タクマ

(4112)保土谷化学工業

 四季報2014年秋号によると、過酸化水素の値上げに手間取る。有機ELも主力のスマホに減速懸念。が、ウレタン原料・剥離剤が着実、下期除草剤も稼ぐ。開発投資一巡し営業益復調。営業外の退職給付費用かさむ。4円配維持。
10月31日決算発表済み。7月31日と変わらず。
2012年2月23日の306円の戻り高値からの下降トレンド(A)の中で、10月9日の134円で底打ちとなり、ここから下値を切り上げる上昇トレンド(B)へ移行しています。チャートの形としては、3月14日の247円、11月26日の248円とダブル天井となって、この水準が上値抵抗ラインとなる下値を切り上げる直角三角形の保ち合いの形となっており、とりあえずこの中で上限を試す動きが想定されます。

4112保土谷化学工業

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!