リスクを取る価値

JPX日経400指数には入れ替えがあるので、長期保有でも甘やかしの少ない応援に近い運用ができる。円安、量的緩和という支援材料に加え、NISAは非課税ということで、リスクが大きい長期保有とはいえ、私はリスクを取る価値があると見なしている。

・どこを向いての政策?

先週、元日銀理事の早川氏が「日銀は2年で2%の物価目標達成というメンツを捨て、年内にデフレとの戦いに勝利宣言をすることで『勝ち逃げ』し、異次元緩和からの早期撤収に向かうべきだ」と述べた。「異次元緩和は社会的実験でありギャンブルだったが、何はともあれ円安になり株が上がり、物価も1%台は維持できそうだ。ギャンブルとして評価するとまだ勝っている。最終的にギャンブルで勝つための要諦は勝ち逃げだ。いかに勝っているうちに終わるかが大事だ」と言ったという。
参照:日銀はメンツ捨て「勝ち逃げ」、年内に緩和縮小表明を-早川氏
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NDFCC66S972U01.html

どうにも納得のいかない発言だ。「円安になり株が上がり、物価も1%台は維持できそう」とあるが、どれが日銀の成果なのだろう。

ドル円が75円台の大底を打ったのは2011年、トレンドラインの上抜けは2012年10月から11月、異次元緩和は2013年4月だ。その前の同年3月には、すでに96円台まで上げている。また、米連銀が緩和終了に向かっていることでの円安は、日銀だけの手柄ではない。

株はどうだろう? やはり2012年10月から11月頃から買い始めた海外勢は、2013年4月の異次元緩和とは無関係だ。12月末に発足した安倍政権の手柄とするのも無理がある。それよりも、米国で同時期に始まった債券から株式への資金移動の余波と考えるのが自然だ。現に、株高となったのは日本だけではない。むしろ日本株は見劣りするくらいだ。

また、インフレ政策で必然的に目減りする貯蓄資産への対応策として「貯蓄から投資へ」と喧伝され、2014年初めから導入されたNISAの利用状況は期待外れで、同時期に理想的な投資物件として導入されたはずのJPX日経400指数は、10月以降の株下げで、1月導入時点の価格を大きく下回った。貯蓄がインフレで3%以上目減りしたことを鑑みると、「貯蓄も駄目、投資も駄目」となっている。何をしても損をしたのは国民だ。

物価は、消費増税分が3%近くある。これで可処分所得が減り、せっかく円安で上向いた景気が減速気味だ。円安は私の見方では、2011年に黒字から転じた貿易赤字によるものが一番大きい。

日銀がここで逃げれば、勝ち逃げというより、「負け逃げ」だ。また、逃げ場のない一国民として、私は、「勝ち逃げ」発言と共に、「社会的実験でありギャンブル」という発言にも、大いに違和感を覚える。早川氏が「元」日銀理事で国民は救われた。

とはいえ、現職総裁黒田氏の最近の発言からも、どこを向いての政策かが分からない。追加緩和が効果的だと思われた局面をことごとくやり過ごし、景気減速のデータや株安は、消費税率再引き上げの妨げとはならないと繰り返している。増税せねば、世界から見捨てられると、国民に背を向け、IMFや世銀を意識したような発言だ。

大きな政府の恒常化が真の目的ならば増税が適切だが、財政再建が目的ならば、増税よりも経済成長が適切なのは、金融危機後の欧米の政策が教えてくれている。
参照:増税か、経済成長による税収増か?
http://fx.minkabu.jp/hikaku/fxbeginner/united-states-budget-deficit/

私は株式の長期保有はリスクが大きいと言っている。最近の株安で、改めて痛感している。最も安全で収益性の高い投資手法は谷越えを見極めて買い、山越えを見極めて売ることで、そういった転換点の見極めは理屈とコツを学び、繰り返すことで上達する。

株式投資は企業を応援するものという考え方もあるが、身内に対してさえ、甘やかしでない応援は難しい。経営者が、赤の他人の資金を預かり、裁量権を与えられて運用していることを自覚していれば、投資家の運用手法に注文をつけるのは筋違いの甘えだと分かるはずだ。

その点、JPX日経400指数には入れ替えがあるので、長期保有でも甘やかしの少ない応援に近い運用ができる。円安、量的緩和という支援材料に加え、NISAは非課税ということで、リスクが大きい長期保有とはいえ、私はリスクを取る価値があると見なしている。

黒田氏や早川氏が逃げても、私は逃げずに居続けるつもりだ。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> リスクを取る価値