2014年10月1日時点での主要市場見通し

花の一里塚~市場見通しサマリー

2014年10月1日時点での主要市場見通し

hyo1

今号(「花の一里塚」2014年10月号)の予測表から、従来表示していたリスクシナリオを外し、メインシナリオだけの表記とした。これまで掲載していた、リスクシナリオも含めての予想表は、この後に掲げる。

基本シナリオと見通し数値について

中長期的な展望として、地政学的リスクや欧州の景気低迷、中国の経済成長減速など不透明要因はありながらも、米国を中心として世界経済が緩やかな持ち直し軌道にあり、世界的に概ね株高、長期金利上昇、外貨高・円安が生じる、という見通しに変更はない。ただし短期的には、足元の米ドル高・円安はスピード調整が必要であると考えており、国内株価も一旦は下押しすると予想している。世界を見渡すと、日本以外の主要国の株式市況や、米ドル以外の外貨の対円相場には、一歩先んじて調整色が広がっている。

こうした相場環境下では、下値を欲張らず、投資先国・投資先企業を選別しながら、時間分散の手法を活用し、内外株価や外貨を少しずつ買い溜める手法を薦めたい。

具体的な予想レンジは、2014年12月までについては、期間が短くなってきた(残り約3か月)ことを踏まえて、全般的にレンジを狭める。ただし、低位での推移が長引いている国内長期金利については、上限のみを下げる。米ドルに関しては、足元の急上昇により上限を引き上げるが、変更は極めて小幅にとどめる。国内長期金利は、2015年6月までの予想レンジの下限も引き下げる。

2014年12月までの予想レンジを、前号(9月号)から次のように修正した(下線太字部は変更箇所)。
日経平均株価(円) 15000~19000 ⇒ 1550018500
10年国債利回り(%) 0.47~1.3 ⇒ 0.47~1.0
米ドル(対円) 100~110 ⇒ 103112
ユーロ(対円) 130~145 ⇒ 変更なし
豪ドル(対円) 92~115 ⇒ 92~110

2015年6月までの予想レンジを、前号(9月号)から次のように修正した(下線太字部は変更箇所)。
日経平均株価(円) 16500~21000 ⇒ 変更なし
10年国債利回り(%) 0.8~1.9 ⇒ 0.6~1.9
米ドル(対円) 105~112 ⇒ 変更なし
ユーロ(対円) 135~150 ⇒ 変更なし
豪ドル(対円) 95~120 ⇒ 変更なし

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 2014年10月1日時点での主要市場見通し